学校一の美少女がある日俺の妹になりました

Fuu

やって来たその日

次の日、学校に着くと何やら少し騒ついた感じに思えた。
何かあったのか?まぁ、教室に行ったら分かるかな。俺は少し早足で自分の教室まで向かった。


「何もなかっただろーな!!!」

「今日会って初めてのセリフがそれって...てか、耳元で大声出さないでくれよ。耳が痛い」

教室に入ってすぐ駆が俺のところまで来て叫ぶまではいかないけど、大きめの声で話しかけてきた。

 「お、おぉ、すまんすまん」

「てか、お前昨日コソコソ見てたから知ってるだろ?」

「ゔっ、それはだな...多分見間違えじゃないかな」

俺が昨日の事を指摘すると駆は目を逸らしながらそう言った。俺は一つため息を吐いて自分の席に向かった。

「そういえば、何でこんなになんか騒がしい感じなんだ?」

さっきから気になっていたのでなんとなく後ろからついて来てる駆に聞いたら駆は驚いた顔をした。

「おま、鈍感にも程あるだろ?」

「ん?そこがどう関係してくるんだ?」

そう言うと、駆は一つため息を吐いて説明を始めた。

「昨日、お前と雫さんが一緒に帰っただろ?」

「あぁ、そうだな」

「しかもそれが正門の所からだったから見てる人沢山居た訳だよ。それであの学校一の美少女が一体どこの誰と帰ったか?関係は?とかそう言う話で持ちきりな訳。分かったか?」

なるほど、だからこの騒ぎなのか。

「よく理解できたよ。ありがとな。あーそれと...」

もう一つ聞きたかった事を聞こうとしたところでチャイムがなる。

「あ、なったからそろそろ席戻るわ」

そう言うと駆は自分の席の方に歩いて行った。
まぁ、今すぐ聞くような事じゃないからいいんだけどな。

さて、今後どうやって過ごすかだが、あまり雫と関わるのはない方向にしよう。噂とかが広がると切らないしな...。
それに多分、雫の方には結構人とかが聞きにきたと思うから多分あーゆー事も無くなるだろう。

俺はそんな事を朝のSHRショートホームルームの時間ずっと考えるのだった。





それからの数週間は、雫とも一切会わないこともないが、殆ど関わりもなく。あっという間に時間が進み、父親に言われてた6月最初の日曜日を迎えるのだった。








日曜当日、俺は自分の部屋で鏡の前に立って居た。理由はまぁ、身だしなみチェック的なものである。
何故俺がこんな事をしているかと言うと、昨晩、風呂から上がり自分の部屋に行こうとして居た時、父親が「そうそう、明日なんだけどチャラくないような普通の格好で頼むな!」と言った為である。ほんと、今日は何があるんだろうか?
服装を確認し終わった俺は、一旦リビングの方に向かうことにした。

リビングに移動したけど、特にすることもなくテレビを眺めていた。父親だけは、あっちの部屋にこっちの部屋にと慌ただしく動き回っていた。
それから30分程時間が経ち、喉が渇いてきたから台所の方に向かいほうじ茶をコップに注ぎ一気に煽るように飲む。
もう一杯飲もうとコップに注ごうとした時、玄関の方からインターホンが鳴る。

「玲二済まないが出てくれないかー?」

「分かった」

別の部屋から聞こえてきた父親に返事をして茶を冷蔵庫にしまってから玄関に早足で向かい、玄関を開けると...

「...え?先輩?」

「....雫?」

見知らぬ女性と雫が玄関の前に立っていた。

「学校一の美少女がある日俺の妹になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • たらこパスタ

    次回楽しみ

    5
  • people

    続きが気になるな~

    3
  • にゃん にゃん

    次の話が楽しみスギィ!

    2
コメントを書く