異世界で美少女吸血鬼になったので”魅了”で女の子を堕とし、国を滅ぼします ~洗脳と吸血に変えられていく乙女たち~

kiki

7  影を落とす

 




 朝食を終えると、わたくしたちはしばし食卓でお茶を啜りながらくつろいでおりました。
 聞きたい話もありませので、ちょうど良い頃合いだと思い、彼女たちに訪ねます。

「あなたがたは、なぜ廃棄街から逃げてきたのですか?」
「ナナリーが知ってるかどうかはわからないけど、少し前に市街で兵士の死体が見つかったでしょ?」
「ええ、確か――廃棄街の人も一緒に死んでいたと聞いておりますが」
「それが私の知り合いでさ、ゴタゴタに巻き込まれて、殺されそうになったから逃げてきたってわけ」

 簡単に”殺されそうに”と口にするエリスさんを見て、やはりわたくしの廃棄街への認識は間違っていなかったのだと実感します。
 そうさせたのは、治安維持のための人員も確保せず、隔離したまま見捨てた貴族たちや、わたくしたちのような一般市民の責任でもあるので、だからといって彼女たちを軽蔑することはできませんが。

「ナナリーが拾ってくんなかったら今頃死んでたかも、ほんとありがとね」
「いえ、礼には及びません。聖職者として当然のことをしたまでですから」

 善人のような顔をしてそう言い切る自分に、反吐がでそうでした。
 一度は廃棄街の人間を見捨てたことがあるというのに、どうしてわたくしは自分の非を認めず、いつまでも良い人を演じ続けようとしているのでしょう。
 そもそも――わたくしは、聖職者ですら無いと言うのに。

「お姉さま?」

 ひとり思いに耽っていると、エリサさんのチグサさんを呼ぶ声で現実に引き戻されました。
 気づけば、前に座っていたはずのチグサさんの姿が消えています。
 どこへ行ったのかと確認する前に、わたくしの体は、再び背中から彼女に抱きしめられていました。
 彼女の体は、ひんやりとした、しかし命の脈動は確かに感じられる不思議な感触です。
 さらに抱きしめたまま、手のひらをわたくしの手に重ねてきました。
 先ほどの表情を見て、落ち込んでいると思われたのかもしれません。
 だとすると、彼女は純粋に慰めようとしているだけのはずなのですが、どうしても昨晩の出来事を思い出してしまいます。
 部屋から漏れるエリスさんの喘ぎ声、そしてそこには――チグサさんも、居たはずなのですから。

「ほんと、お姉さまはスキンシップが好きだよね」
「エリスはいつもこうするだけで笑ってくれますから、悲しい顔をしていたナナリーさんも笑ってくれるんじゃないかと思いまして」
「そんな顔、していましたでしょうか」
「はい、してましたよ。寂しそうにうつむいてました」
「そう……ですか。でしたら、その、あ、ありがとうございます。ですが、わたくしは……」
「慣れてませんか、こういうの」

 耳元で囁かれると、ぞくぞくとした感覚が背筋を通っていくのです。
 先ほどまでは嫌悪感すらあった色の含んだその声も、いつの間にか慣れてしまったのでしょうか、むしろ心地よく感じてしまっています。
 触れ合う肌から伝わる、ぴりぴりとした身を震わすようなくすぐったさもまた、体を預けてしまいたいと考えるほどに蠱惑的でした。
 これは、正常なことなのでしょうか。
 チグサさんの行動の是非ではなく、そのように感じてしまうわたくしの感覚は、果たしてまともな状態なのでしょうか。

「ナナリーさんは、ひょっとすると、寂しかったのではないでしょうか」
「わたくしが……寂しい?」

 チグサさんは、指先でわたくしの手を撫でながら、そう語りかけてこられました。
 そんなことは、考えたことすら無かったというのに――彼女の言葉は、まるで滴り落ちた蜂蜜のようにねっとりと、わたくしの心の中に染み込んでゆきます。
 しかし、わたくしにも自分の意志と言うものがあるのです。
 それは違う、と明確に首を横に振りました。

「寂しくはありません、街のみなさんがいつも気にかけてくださいますから」
「そうなんですね、街の人々が。例えば、普段はどのような話をしているんですか?」
「主に悩み相談、ですね。わたくしがこの教会に住まうことになったきっかけも、それが始まりでしたから」
「と言うと?」
「わたくし、本当はシスターなどではないのです。行き場を無くして、廃墟になっていたこの教会に勝手に住み込み、いつの間にか悩み相談を受けるうちに真似事のように聖職者になってしまいまっただけなのですから」

 行き場を無くした原因が駆け落ちの失敗だと知ったら――街の人々は、それでもまだ、わたくしのことを慕ってくれるのでしょうか。
 その事実をひた隠しにしたまま生き、その恩恵を享受するわたくしは、果たして聖職者と呼ばれるべきなのでしょうか。

「つまり、今は悩み相談の見返りで暮らしているんですね」
「そう、ですね。そういうことに……なります」
「愛情というのは無償で分け合ってこそです、ギブアンドテイクでは本当の繋がりとは言えません。やっぱり寂しいんですよ、ナナリーさんは」
「ち、違います、それはっ」
「そうやって焦るのが証拠です。心の底では、無条件で通じ合える誰かを探し求めているんじゃないですか」

 この場所に住むようになってからというものの、親しい誰かは居ても、友達と呼べる相手はいませんでした。
 いつも相談を投げかけられるばかりで、わたくしから誰かに相談するということもありませんでした。
 そう考えると、確かに――チグサさんの言うことは、正しいのかも、しれません。
 わたくしは、寂しい。
 この広い教会の中で、ずっと一人きりで生きてきて、寂しかった……。
 ですが、わたくしがそうなってしまったのは、寂しさを埋める誰かに出会わなかったからです。
 それとも、わたくしの耳元で甘く囁くあなたが、その役目を担ってくださるとでも言うのでしょうか。

「素直に認めると、案外解決手段はすぐに見えてくるものです。無理しないでくださいね、ナナリーさん」

 そう言うと、チグサさんはあっさりとわたくしから体を離し、元の席へと戻ってしまいました。

「え? あ、はい……」

 予想と違う行動を取ってしまったチグサさんに、わたくしは気の抜けた返事しかできませんでした。
 ……わたくしは、今、何を期待していたのでしょう。
 ただ慰めてくださっただけではないですか。
 だというのに、おふたりがそういう関係だからと言って、自分も狙われているのではないかと勝手に邪推して、期待して。
 自分勝手な思考を悔やみ、自己嫌悪の沼にまた沈もうとしていると、椅子に座ったチグサさんはわたくしの心を見透かすように言いました。

「辛くなったらまた言ってくださいね、抱きしめるぐらいならいくらでもできますから」
「お姉さまが居なかったら私でもいいよ、ナナリー」

 なら今すぐにでも、と甘えてしまいそうになる自分を振り切り、わたくしは力なく笑顔を浮かべながら「ありがとうございます」と彼女たちに告げたのでした。



 ◇◇◇



 それから、わたくしと彼女たちとの共同生活が本格的に始まったのです。
 廃棄街の人間ということもあってか、あまりわたくし以外の人間の前に姿を現したがらない2人は、もっぱら掃除洗濯炊事など、裏方の仕事をこなしていました。
 3人になるとどうしても食料の減りは早くなりましたが、幸いなことに2人とも少食でしたし、家事は格段に楽になったので、わたくしとしては非常に助かっています。
 しかし、困ったこともあります。
 2人の――特にチグサさんのスキンシップが、今朝の一件をきっかけにエスカレートしているのです。
 スキンシップが好きだ、とエリスさんが言っていましたし、特別な意味など無いのでしょうが、どうしても昨夜の出来事が脳裏をちらついてしまいます。
 チグサさんは、わたくしのことを、どう思って触れているのでしょうか。

 夕食を終え、お風呂も済ませた後、自室でくつろいでいると、ドアをノックする音が二度響きました。
「どうぞ」と返事すると、姿を現したのは、風呂あがりらしいチグサさんでした。
 潤いのある肌と、湿り気を帯びた黒髪、そして上気した肌。
 見ていると、妙な色気を感じてしまいます。

「どうしたのですか、チグサさん」

 彼女は無言のまま微笑んでいます。
 そのままベッドに腰掛けたわたくしに近づくと、頬に手を伸ばし、ほんのりと冷たい手で包み込みました。
 まるで口づけでもするような触り方に、わたくしの体温が一気に上がっていきます。
 後ろから抱きしめられる分には平気なのですが、さすがに正面から触れられるのは耐えきれません。
 わたくしはその手をやんわり振り払おうと頬に手を伸ばすと――気付けば、振り払うどころか、その手を重ねていました。
 ……あれ、どうして?
 自分の意志とは異なる行動を取る体に戸惑いを隠せません。
 そうこうしている間にも、手を重ねたことで”許された”と思ったのか、チグサさんの顔が徐々に近づいていき、触れる寸前で、わたくしは両目をぎゅっと強く瞑りました。
 その直後――
 こつん。
 額にぶつかる、硬い何か。
 恐る恐る目を開くと、そこには目を閉じたまま、額同士を触れ合わせるチグサさんの姿がありました。

「ナナリーさん、今日もお疲れ様でした」

 微笑みながら彼女が告げたのは、今日一日のわたくしをねぎらう言葉。
 ああ、こうして優しい言葉を伝えるために、わざわざここに来てくれたと言うのに。
 わたくしは、なぜ――そこまで、彼女のことを警戒してしまったのでしょう。
 額を離したチグサさんは、こちらの表情を見て困ったような表情を浮かべられていました。
 当然です、彼女の善意は、わたくしのせいで歪められてしまったのですから。

「……ごめんなさい、また困らせてしまったみたいですね」

 謝意を口にするチグサさんに、わたくしの罪悪感は膨らむ一方でした。

「いえ、悪いのはわたくしの方です。チグサさんはわたくしのことを考えて、労いに来てくれたというのに……それを疑うような真似をしてしまったのですから」
「疑う?」
「……廃棄街の人間だから、と差別的に見ていたのかもしれません」

 懺悔の意味も込めて、わたくしは素直に心境を吐露しました。
 これで許してもらえないのなら仕方のないこと。
 しかし――

「それなら仕方ありませんよ、急に押しかけたのは私たちの方なんですから。そうやって苦しんでくれる分だけ、ナナリーさんは優しいと思います」

 彼女はわたくしを一切糾弾することはなく、むしろ優しく抱きしめながら、”あなたは優しい”とまで言ってくださったのです。
 聖職者になるなら、わたくしなんかよりずっと、チグサさんの方が向いています。
 ふわりとした柔らかな体と、体が熱くなるような、独特の甘い香りが体を包み込みます。
 もはや躊躇う必要もなくなったわたくしはその心地よさに身を任せ。
 彼女が「エリスが寂しがってしまうから」と部屋をさるその時まで、わたくしとチグサさんは、ベッドの上で抱き合っていました。



 ◇◇◇



 その日の夜、偶然――いえ、自然と目を覚ましたわたくしは、”喉が渇いた”と口実をつけて部屋を出ました。
 そして台所へ立ち寄る前に、ふらりとチグサさんとエリスさんが眠っているはず・・の部屋に向かいます。
 聖域に土足で踏み込むような罪悪感に酔いながら、震える足取りで、ゆっくりと、ゆっくりと、床をきしませぬように扉の前までたどり着くと、

「はあぁ、ああぁ……」

 こらえきれず、声混じりの吐息を漏らしながら、わたくしはぴたりと、扉に耳を寄せました。
 中から聞こえる音は――これだけ近くにいるとより鮮明で、まるでわたくし自身がその部屋の中の登場人物のひとりになったかのように錯覚するほどです。

「お姉さま……そこ、だめ……っ」
「エリスは可愛いですね。ほら、いい子だからその手を退かして」
「お姉さまぁっ……」

 今夜も、チグサさんとエリスさんは愛し合っていました。
 音と声だけで、何をしているのかまではわたくしにはわかりませんでしたが、それだけでも、わたくしにとっては狂うに十分過ぎる刺激で。
 わたくしの頬は、自然とはしたなく、にやついておりました。
 体も熱く、耳や首筋まで紅潮させながら、自分の肩を抱き、張り付くように扉に耳を当て、呼吸を震わせる。
 きっとわたくしは今、聖職者にあるまじき恍惚とした表情を浮かべているのでしょう。
 それを理解してもなお、わたくしはそれをやめようとはしませんでした。

「愛しています、エリス。ずっとずっと一緒ですよ、永遠に、私が可愛がってあげます」

 あぁ――なんて羨ましい。
 心の底からそう思いながら、2人の情事が終わるまで、わたくしは彼女たちの部屋に張り付いていたのでした。





「異世界で美少女吸血鬼になったので”魅了”で女の子を堕とし、国を滅ぼします ~洗脳と吸血に変えられていく乙女たち~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く