創造主は暇だったので冒険者になった。

suu0405

良いかもしれない

地球の人間達は多くの人種に分かれていた。同じ人種同士で集まり、国を作った。地中に埋まっていた鉱石や燃料を掘り出し、機械を作った。やがて、発展した技術や領地を巡って、戦争が行われた。火薬が爆発することに気づき、鉄が海に浮かぶことも知った。更には鉄を空に飛ばす事も出来るようになった。発達した生活は次第に速くなり、忙しくなって行った。

フィアの人間達は人種が分かれていないものの、人間同等の知力を持つ生命が他にも幾つか存在していた。『エルフ』『妖精』『獣人』等々…。更に地球と違うのは、魔法があることだろう。誰が初めて見つけたかは知らないが、化学が進んでいない代わりに、魔術が発展を遂げている。あらゆる事に魔術が使われ、人間も魔法を使う事が出来た。魔法を始め、フィアには地球で言うファンタジーな要素が多くあった。ドラゴンがいればゴブリンやスライムもいる。退屈でも無く忙しくも無い。そんなフィアの人間の方が、創造主のお気に入りだった。

そして、創造主は思い立った。

フィアの人間として生活しよう、と。

「創造主は暇だったので冒険者になった。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く