君月

ろん

はじめに

父が病気になり知ったこと、学んだこと、伝えたいことがいっぱいあり、どうしたら多くの人に知ってもらえるのか考え、いちばん身近な方法が携帯で小説を書くことでした。
この小説を読むことで多くの人に幸せについて考えてほしいです。

「君月」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く