fly

ゆあもち

fly "羽"

「人間には翼がついている」
そう僕は思う。
だけど、僕には数センチしか飛べない
貧相でちっぽけな羽しかついていない。
そして、彼には飛ぶにはあまりにも重すぎる、けれど大きくて鮮やかな翼だ。
この翼は今まで自分が生きてきた人生そのものを表しているのかもしれない。生まれ持った才能で戦う人とそうではない人の違いを表す。
彼にはその才能が翼となり現れ、輝かしい人生が色となり現れていた。
でも、彼はもう飛べない。
僕ら平凡な人間が死ぬほど羨ましがる大きな翼も鮮やかな色も全部。
彼にはいつしか重荷となっていたのだ。

「fly」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く