闇夜

toy

プロローグ

       雨音で黒沢真吾くろさわしんごは目が覚めた。自分が何故この場所にいるのかはわからない。いや、覚えていないというべきだろう。右手首には電子的な腕輪のようなものが固定されており、黄緑色の光を放っている。

      目を覚ましてから10分くらい経つだろうか。自分が目を覚ました場所が大体把握できた。ここは廃病院だ。錆れたベッド、中身のわからない瓶詰めの物体、不気味な光沢を放っているメスのようなもの……。

      しかし、場所が分かっただけでは更に謎が深まるばかりである。今更気付いたのだが、外につながるドアや窓は全て鉄板で塞がれている。普通なら恐怖と不安に襲われ、正気ではいられないような状況の中、真吾は必死に思考を張り巡らせた。一番の手がかりになりそうなものは服装だろう。しかし、飽きるほど着てきたこのスーツを見ても、思い出せることは通勤中であったことだけだ。

       雨は一層強くなってきた。真吾は覚悟を決め、病院内を探索することにした。何か手がかりが見つかるかもしれない。真吾はどす黒い漆黒の中に歩みを進めた。

  

「闇夜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く