俺の理想の異世界生活

百花止水

No.15 封印そして最強

朝が来るとマナトは、コユキとユリナには、内緒でアミとエミと一緒に黒い靄があるところまで来ていた。

「覚悟はいいか、アミ、エミここからは、死ぬかもしれないからな。」

エミが、

「はい、黒神狼が私たちの事を知っているなら攻撃はしてこないでしょう。でも覚えていないなら死を覚悟した方が良いですね。」

3人は、黒い靄のところに入ると、かなり遠くから重く圧力のかかった視線を感じた。
ふと、気付くと目の前に大きく黒い狼がいた。
マナトは驚きながら、後ろに一歩下がった。

「い、いつの間に!」

するとエミが、

「黒神狼、私たちの事を覚えていますか?どうしてあの時、捨てたんですか?」

すると黒神狼が喋り出した。

「お、お前達はアミとエミか?私の娘じゃないか!大きくなったな。2人とも可愛くなって。」

アミは少し怒りながら、

「そんな事はどうでもいいです!私たちを捨てていった貴方になぜ捨てたのか聞きたかっただけです!」

「そうだな、まずその話からしないといけないな。あの時は本当にすまなかった。私はあの時、雷神と戦っていてな、お前達2人を守ることができなかったんだ。雷神との戦いに疲れて力がない時に不覚にも冒険者に封印されてしまったんだ。それからは、この場所から出る事ができないんだ。本当にすまなかった。」

その話を聞きながらアミは泣いていた。

「ほ、本当に私たちは、捨てられていなかったの。今まで本当に捨てられていたらどうしようって怖くて怖くて…」

エミも泣きながら、

「やっぱり捨てたんじゃなかったんだ…」

そして、一通りアミとエミがマナトの紹介をして話し合った。
黒神狼の名前は、ロアという。
ロアは狼の姿と獣人の姿の2つあるらしい。

「マナトよそういえば、アミとエミをここに連れて来てくれて感謝する。そうだ、雷神と戦ってあやつの武器を奪ったんだ。これをやろう。」

そういうと獣人姿のロアは、いかにも雷の形をした武器を渡された。

「その武器はな、雷を自由自在に扱うことができる。名をブリューナクという。これでお主は、雷神と同じ力を手に入れたことになる。」

マナトは、慌てて
そ、そんなすごいもの受け取るなんて無理だ…と言おうとしたがやめた。ロアが引くとは思わなかったから。

「ありがとう。大切に使わせてもらうよ。」

そう言うと武器を腰に装着した。

アミとエミはこのままロアのところに残ると言ったので明日また、みんなで来ることにした。

コユキとユリナには、1日居なかったので心配されたが全部、説明すると納得してくれた。
その後、長老にも話をした。

「今日は、寝るか。」

マナトはいつものように寝た。

この時、誰も知るよしがなかった。ブリューナクが世界最強の武器という事を。

たった1人雷神を除いて。

「俺の理想の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く