俺の理想の異世界生活

百花止水

No.14 黒神狼そして双子

未知の領域から帰るとアミとエミが待っていた。
マナトは、ゆっくりと口を開き

「あ、あそこにいるのはなんだ?」

するとアミが説明し始めた。

「あそこにいるのは、私と妹の生みの親であり神獣と呼ばれる一体です。名を黒神狼と呼ばれています。この世界でも互角に渡り合えるのは、同じ神獣とSランク冒険者だけと言われています。」

コユキが、喋り始めた。

「黒神狼ですか、昔、本を読んだことがあります。その身は黒い靄で覆われていて目は赤く禍々しい全てを見透かしたような目をしていると。」

ユリナも、

「わ、私も聞いたことあります。神獣は、1匹で国ひとつ滅ぼすことができるだけの力があるって。」

なんかみんなの話を聞くだけ神獣、黒神狼は危険な生物なんだな
マナトは、少し気になり

「そういえば、アミとエミの生みの親ならなんでさっき入ろうとしなかったんだ?」

するとアミが

「私たちは獣人です。黒神狼からすれば会いたくもないでしょう。昔、捨てられましたし。」

「すまない。余計な事を聞いてしまった。」

「いえ、もうかなり昔のことなので。」

エミが何かを言おうとしたが言わなかった。
少し空気が重くなったがユリナが

「え、えっとー今日は、何はもう疲れたので解散にしましょう!」

みんな解散し始めた。
しかし、マナトはエミを引き止めた。

「ちょっといいか?」

「はい?どうしましたか?」

人の居ない所に連れて行くと。

「さっき何か言おうとしたよな言いたくなかったら言わなくていいけど少し気になってな」

エミは、少し考えると口を開いた。

「マナトさんには、話してもいいですね。私と姉さんが生まれてすぐ私たちを置いて黒神狼は、あの空間から出てこようとしません。姉さんは、捨てられたと言ってますが私は、信じています。何か理由があるんじゃないかって。」

すると、アミが飛び出してきて言った。

「エミは、また勝手な事を言ってマナトさんを困らせるな。」

「落ち着け、2人とも俺もあの黒神狼の事が気になってるから明日3人で行こう。もしもの事があったらいけないからコユキとユリナは、置いて行く。」

するとエミも

「姉さん、私は、もう一度会いたいです。」

するとアミが諦めたように

「分かったわよエミがそこまで言うなら行くわよ。」

こうして3人で行く事が決まった。

「俺の理想の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く