俺の理想の異世界生活

百花止水

No.12 キリントの集落そして獣人

コユキが本音を言ってくれてた日から2ヶ月ぐらいが経った。
予想以上に住み心地が良い土地だったな。コユキも温泉が気に入ってるし。ユリナは、相変わらず気持ち良さそうにお昼寝してるし。

「よし、決めた!この街を明日出るぞ〜!」

すると、2人は、驚きながら

「温泉に入れなくなるのは、残念ですがかなりここの街に居ますね。他の場所に移動するのも良いですね。」

コユキに続いてユリナも、

「でもどうしていきなり、明日出発することにしたんですかー?私は、もう少しゆっくりしても良いと思ったんですけどー。」

少し咳払いをして、

「それはだなぁ、この街には、いろんな人がいるだろ?その中に耳が生えている人がいるんだ。しかも羽が生えていたり尻尾があったりとか…これって獣人だろ?ギルドマスターに聞くと近くの集落に十の住処があるって言ってたから行く事にしたんだ。善は、急げって言うしな。」

獣人という言葉に少し反応してからコユキが。

「獣人ですか、一部の獣人は、気性が荒く人間と争っていると聞いた事があります。」

「私には、獣人の友達がいます。その子は、とても優しくて魔法の腕も上で尊敬していました。」

まぁ獣人にも色々いるってことだな。
3人は、それぞれ明日の出発に向けて準備をしたりお世話になった人に挨拶したりとしていた。
コユキは、温泉にずっといたらしい…

翌朝、朝の8時ぐらいにユーマクの街の出入り口に立った。

「この街は、良い街だったな。また、ここに帰ってこよーぜ。」

マナトがそう言うと、

「そうですね、私にも色々ありました。思い出もたくさんできたし。特に温泉があるのが良いですね。」

「私なんて仲間ができた初めての街ですから。お気に入りの場所ですよ。」

一呼吸置いてから、

「よし、行くか〜」

マナトがそう言うと、3人はキリントの集落に向けて出発した。

キリントの集落に向けて出発してから2日が経った。それまで野宿をしたり、魔物を倒したりと初めて、旅っぽい事をした。

「あ、見えました!マナトさん、コユキさん!キリントの集落です!」

「やっとだな、それにしてもユリナは、元気だな。」

マナトは、そう言いながら少し高さのある段差を登ろうとしていたコユキを引き上げるように引っ張った。

「ありがとうございます。私たちも元気出しましょう。」

こうしてキリントの集落に着いた。
そこには、沢山の獣人がいた。

「私が一番乗り〜。」

ユリナが入ろうとすると、いきなり、2人の獣人が現れた。

『待て、身体チェックをさせてもらう。』

そう言うと、男の獣人がマナトを、女の獣人がコユキとユリナの身体チェックをした。一通りチェックすると。

『失礼した。最近、獣人を奴隷にして売ろうとする輩が多いからチェックさせてもらった。無礼を詫びる。』

そう言うと、2人の獣人が一瞬で消えるように立ち去った。

「ビックリしましたね、獣人を奴隷にするなんて最低な人も居るんですね。」

ユリナが言うと、コユキも

「本当に最低です。獣人も同じ人間なのに。」

「とりあえず、今は、この集落で宿を探そうぜ。」

3人は、宿を取ると。少し散歩する事にした。
3人は、驚く光景を目にしてしまった。
追いかけっこをしていた獣人が屋根を軽々と越えて逃げていたのを見たのだ。

「獣人、すげーな、」

3人とも宿に戻るとぐっすりと寝た。

「俺の理想の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く