俺の理想の異世界生活

百花止水

No.2 セシルの村そしてギルド

えーっとこの腰についてる袋に入ってる金貨がこっちの世界の金でいいんだよなてか、アニメとかだと金貨って大金じゃね?まぁいっか神様がくれたものだし
よしまずは、初心者向けの始まりの街的なとこに行きたいな、
おっあそこに標識があるな、でも何て書いてるか読め…れる読める見たこともない字なのに読める、これが神様の力かすごいな
【セシルの村】   近そうだしとりあえず行ってみるか
1時間ぐらい歩くとセシルの村に着いた
とりあえず宿でも探さないと後々困りそうだなあそこに少し大きめの宿屋があるな行ってみるか

「すみませんこの金貨1枚で何日ぐらい泊まれますかー?」

『そうですね、金貨1枚ですと30日ぐらいでしょうか。』

「なら、とりあえず30日間よろしくお願いします」

『かしこまりましたでは、奥から2番目の部屋をお使いください、鍵です』

おぉーここが部屋かちょうどいいサイズだな、グゥ〜あっ俺の腹が食べ物を欲しがっているとりあえず宿も確保したし食べ物でも食べに行くか
居酒屋みたいなとこだなまぁここでいいか。
食った食ったお腹いっぱいだな。
もう夜かこの世界は星が綺麗だな明日は、どうすっかな
とりあえず宿に帰って寝るか。

朝起きると見知らぬ天井だったそういえば転移したんだったけな、昨日はいろいろあったなまさか異世界転移するとは思わなかったけど。
そうだな魔物と戦ってみたいな昨日、
少しだけ寄ってみたギルドにでも行ってみるか。

『ようこそ!セシルのギルドへ!』

入店すると大きな声で迎えられたこの大きな声で話している人は、セシルの村のギルドマスターの名はレッグ
この人は、この村のギルド関係の全てを一任されているらしい

『お、マナトか昨日言ってた冒険者ギルドの説明したらいいだよなー?』

「あーよろしく頼む」

『よし、まずは、冒険者のランクについて説明するか、冒険者にはランクが付けられるさらにランクによって受注出来る依頼の幅が広がるからランクを上げることを優先したほうがいいぞ
そしてランクには、1番下のEランクDランクCランクBランクAランクと上がっていくそして世界に数人しかいないと言われるSランクだ。さらにそのランクの中でも3つに分かれている、まぁマナトの場合は、冒険者登録したばっかだからE3ってわけだ。最初は難易度1ぐらいの採取ぐらいしかないがランクを上げるには、大事なことだ、ってことぐらいでいいのか?』

「おうありがとな、でも冒険者登録の証明書みたいなのもらってないぞー」

『あーすまんすまんコレがマナトのカードだランクが更新されるたびにカードも更新されるから無くすなよーまぁ無くしても再発行できるけどめんどいからな、あと依頼の受注は、隣の依頼書にサインしてこっちに持ってこい受注したことになるからなまぁ分からないことは、何でも聞いてくれ』

おぉーコレが証明書になるのか無くしたらめんどくさそうだから大切に保管しておくか。

「何かいろいろありがとなレッグこれからいろいろ頼りにさせてもらうぜ」

『おうよ!』

よしさっそく雑魚モンスターでも狩に行きたいな、おっ良さそうなのががあった

「じゃーこの(スライムの粘液を5つ納品)ってのを受注するわ」

『分かった、まぁ初めてには、ちょうどいいな頑張ってこい!場所この村を出てすぐそこの草むらで出現するからなー』

よし武器を買って倒しに行くかー!

「俺の理想の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く