俺の理想の異世界生活

百花止水

No.1 神様との出会いそして転移

俺の名前は、華春まなとどこにでもいる普通の高校生だ。趣味は、ゲームやアニメ鑑賞。俺は、異世界に憧れている。現実なんてクソゲーだ面白いことなんて何一つない、そんな俺に何でも願いを一つだけ叶えてくれるだと、そんなの決まってる

「もし、魔物を倒したり魔法が使える世界があるなら行ってみたいと。」

今から数分前の出来事……
あー学校疲れた今日も帰ってゲームでもするかそう思って歩いていると、
あれ、あのトラックはやくね?てか、やべーだろ、

「おいっお爺さん危ないっ」

間一髪だったまさか自分がこんなに走るのが速かったなんて思わなかった。
てか、

「大丈夫か、お爺さん?」

『大丈夫じゃ本当に助かったよ、何かお礼をせねばならんな』

「いいよ、お礼なんて、お爺さんじゃ俺の願いは、叶えられねーよ、じゃー行くわ。次は引かれそうになるなよ」

『まぁまて、こう見えてもわしは、神様じゃ、叶えられない願いは、無いぞ』

「お爺さん、大丈夫か?頭打ったのか?」

『まぁ信じられないのは、仕方ないかとりあえず願いを言ってみるのじゃ』

まぁ言うだけならいっか
「もし、魔物を倒したり魔法が使える世界があるならそこに行ってみたい」

『ほぉーそれぐらいならたやすいことじゃ、行くぞ〜ほれっ』

神様はそう言うと手を2回叩いた
辺りは、さっきまでいた交差点から辺り一面に広がる広大な景色へと変わっていた。

『この世界は、お前さんの理想の世界じゃ、読み書きが出来るようにと少しばかりのお金を支給しておいたから後は、頑張るんじゃぞ〜』

そう言うと神様の声はしなくなった。

        こうして俺の理想の
                異世界生活が始まった。



「俺の理想の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く