混じり《Hybrid》【新世界戦記】

小藤 隆也

療養 3

「おはようリオールさん」

「おはようございます。テツ君」

 二人共、昨夜は余り寝ていないのであろう、疲れた顔をしていた。しかし心なしかすっきりした表情にも見える。

「とりあえず朝食にしましょう。しっかり食べないと元気が出ないわ」

「はい」

 二人は宿屋の食堂に向かった。席に着くと直ぐにテツが話し始めた。まだ朝食は運ばれていない。

「明日、フロンの手術が終わったらポートモレスビーに向かいます。なので今日は忙しくなると思うのでよろしくお願いします」

「えっ!・・・・・早い方が良いと言ったのは私だしね。わかったわ。食べながら聞きましょう」

 朝食が運ばれてきて、二人は食べながら話しを続けた。

「朝、病院で明日の手術の話しを聞いた後は、今日は一日ダウアン村で旅の準備をしようと思っています」

「そうね、お嬢様の方は私とセルヒラードに任せてくれていいわ。お嬢様には」

「今晩、話そうと思っています」

「昼間、私の方からもそれとなくは伝えておくわ」

「はい。お願いします」

 二人はそれからも今後の事について色々と話しながら、1時間程の時間をかけてゆっくりと朝食を済ませた。
 その後、リオールは昨晩用意しておいたフロンの着替等を部屋に取りに戻り、二人は揃って病院に向かった。
 病院でセルヒラードと合流して、ネーナに手術の詳しい説明や手術後の注意点等を聞いた。その席でテツはネーナとセルヒラードにも、自分だけポートモレスビーに向かう事を伝えた。
 セルヒラードの発案で、グリード氏所有の馬はここで売却する事に決めた。テツとセルヒラードは宿屋に戻り、セルヒラードは一旦宿屋で休み、テツは2頭の馬を連れてダウアン村に向かった。
 リオールはひとりフロンの病室に行き、フロンの看護をする。そして、昼食の際にテツの事を切り出した。

「・・・・・。そうね、今のテツにはひとりの時間が必要だと私も思うわ」
「だけど・・・。いえ何でもない」

 フロンは同意はしたが、戸惑っている様な表情を見せた。不安なのだろうと思い、リオールは励ます様な口調で続けた。

「お嬢様の事は私とセルヒラードでしっかりと支えていきます。テツもいなくなるといっても二月とかからずに戻ってきますわよ」

「そうね。直ぐに戻って来るものね」

 リオールに心配かけてはいけないと、フロンは精一杯元気に答えた。
 確かにリオールが思っているように、テツがついていてくれない不安がフロンにはあった。だが、フロンが感じている不安はそれだけではなかったのだ。
 フロンはテツが直ぐには帰ってこないと思っている。テツの事だから、自分のせいでという思いが消えるはずがない。そしてきっと、自分を鍛え直し、自分に自信を取り戻すまでは、私の元に戻って来る事はないとフロンは思っているのだ。
 フロンにはテツ以上にテツの事がわかっている自信があり、きっとそうなるだろうという確信があった。だからといって、旅を続ける事を止めても、それがテツにとって良い事ではないのも理解していた。
 フロンは自分の考えが杞憂に終わる事を願って、テツを送り出す事しか出来ないのだ。

「そういえばリオール、あれは宿屋にあったの?」

「えっ、あれって?」

「忘れ物の事よ。事件の前にテツと取りに戻ってもらったじゃない」

「あっ!ええ、ちゃんとありましたよ」

「持ってきてもらえないかしら、今晩テツに渡しますから」

「・・・、わかりました。しかし、テツ君がまた、自分のせいだという思いを強くしませんか?」

「そうかもしれないけれど、あれだけは別れる前に渡しておきたいのよ」

「わかりました。宿屋に置いてあるので、とってまいります」

「お願いね」

 話しながら昼食を済ませたリオールは宿屋に戻り、しばらくしてセルヒラードと一緒に病室に戻ってきた。
 リオールはフロンに忘れ物を手渡すと、直ぐにまたポーナと共に出掛けていった。
 この後フロンは、明日の手術の準備の為の医療魔術をネーナに施される。それが終わるとセルヒラードが傷の経過をネーナに診察してもらう事になっていた。

「混じり《Hybrid》【新世界戦記】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く