混じり《Hybrid》【新世界戦記】

小藤 隆也

襲撃 3

「ありましたか?」

 2頭の馬に水をやりながら、宿から出て来たリオールにテツが聞いた。

「ええ。思っていた通りの所にありましたよ、テツ君」

 荷物の中身を確認しながら、リオールが答える。

「フロンの奴、何を忘れたんですか?」

「アロンベラバターの減りが早いでしょう。お嬢様が昨夜に作って補充しておいたのですよ。それをテーブルの上に置き忘れてしまいまして」

 リオールが淀みなく答えた。予め用意してあった答えであるが、決して嘘ではない。アロンベラバターも一緒に置き忘れてしまっていたのだ。

「テツ君の大好物でしょ、アロンベラバター」

「はい。フロンは気のつく良い娘ですよね」

 そう言ってテツはニコッと笑った。リオールは、この時のテツの屈託のない笑顔がとても印象的で、生涯忘れられなかった。


 二人はダウアン村を出て街道を急いだ。忘れ物は探す事なく直ぐに見つかったので、たいした時間は掛からなかった。この調子なら、先行している三人と同じ頃に茶店に着けるかもしれない。
 馬は順調に進んで森の中に差し掛かかった。しばらく進むとなにやらおかしな光景にでくわした。
 大きなカーブを曲がり切る手前の街道の右側の端に、小型の鳥が群れている。鳥は頭から背中・羽根・尾羽にかけては真っ黒だが、腹側は真っ白で、黒い足が伸びている。ファル原産の鳥でザバン鳥という鳥であった。
 ザバン鳥は別名【掃除屋】と呼ばれている。屍肉を専門で食べる鳥で、肉食だが生きている獲物は決して食べない。口は嘴状に尖ってはいるが、多数の牙が生えている。
 そのザバン鳥の口・腹・足は真っ赤であった。何かの屍肉を食べている最中なのは明白である。

 テツは確認しようと馬を飛び降りた。

「リオールさんは、そこで待ってて」

 馬を降りようとするリオールを制して、テツが鳥の群れを掻き分ける。生きている物を襲う鳥ではないので、危険はない。
 人であった。しかもテツがよく知る人物である。

「ジ・・・ジ、ジュラ…」

 テツは狼狽えた。何が何やらわからない。ジュラは喉を噛みちぎられ、腹も破かれている。明らかに怪物にやられた傷である。人によるものではない。
 ジュラは簡単に怪物にやられてしまうような人物ではない。怪物にやられたにしてはおかしい事は他にもある。ジュラしかいない。フロンもセルヒラードも姿が見えない。訳がわからない。
 あらためてテツはジュラを見た。ザバン鳥に目なども突かれて分かりづらくはあるが、見間違いなどではない。テツの兄貴分であり、格闘術の師匠でもあり、長年頼りにしてきたジュラを、テツが見間違う事などありえなかった。テツは言葉を失った。

 リオールも馬を降り、ジュラを確認して、テツの背中に無言で手を置いた。リオールは無言のまま、ゆっくりと周りを見回してからテツに声をかけた。

「テツ君、周りをよく見なさい」

 リオールの言葉で、テツは顔を上げた。そして周りを確認する。血の跡はジュラの周りにしかないが、たくさんの人の足跡、獣の足跡も確認出来る。獣は、大型の物ではない。怪物としては中型から小型といったところだろう。人を引き摺っていった跡も見える。
 再構築直後の時代である。テツにも狩りの経験は豊富にあった。ましてリオールはエサール人である。
 エサール人は再構築前は森に住み、狩りを生業としていた人種である。リオールは現場を確認しただけで、おおよそ何が起きたか解っている。

「テツ君。よく聞きなさい」

 リオールはテツに、冷静さを取り戻す為にあえて前置きしてから話し出した。

「こっちの2頭の獣に引き摺られて、森に入っている方がお嬢様でしょう」
「獣は全部で5頭。全てケルトースですね。1頭の体が大きい、多頭種かもしれません」

 あくまで冷静に話し続ける。だが、リオールの眼にも怒りの感情は隠し切れていない。

「こっちの、人の手によって連れて行かれているのがセルヒラードだと思います。こちらはかなり乱暴に連れ去られていますね」
「お嬢様の方は後で何か利用するつもりでもあるのでしょう。割と気をつけて連れ去っています」
「先ずはセルヒラードの方に向かうべきですね。こちらは人目につかない所で危害を加える為に森に入っています」
「ジュラは…」

 冷静に話していたリオールも言葉に詰まってしまった。だが、テツの方から言葉を繋げた。

「ジュラには申し訳ないけど、一先ずこのままにして置くしかないですね」
「行きましょう。人数はわかりますか?」

「人は10人。ケルトースは3頭です。多頭種もこちらにいます」
「気をつけてください。直ぐに出くわしてもおかしくない」

「はい!」

 力強く返事をして、テツは鎌を荷物から抜き出した。テツはこの旅にネフラ鎌を持参してきている。彼、愛用の鎌は流石に大き過ぎるので、ホワイトタイガーを倒した時に使った、刃渡り70センチの鎌である。

 しかし鎌の出番はなかった。リオールの指示通りに森に入り、直ぐに気絶したセルヒラードが見つかった。
 セルヒラードは重傷を負っている。左腕は肘のところでケルトースにより噛みちぎられていた。普通なら出血多量により命を落としているところだが、彼は気の力で出血を止めてから気絶したのだろう。
 カクトメスト人といっても、達人の域に達していなければこういう気の使い方は出来ない。ジュラもこの域に達していたが、この二人が一人も倒す事なく倒された事は信じ難かった。
 セルヒラードは左腕の他にも、全身10箇所以上を骨折し、内蔵にもダメージを受けていた。

 テツとリオールはセルヒラードを馬に乗せ、例の茶店まで連れて行った。茶店には離れがあり、そこを借りて応急処置をしながら、テツとリオールは話し出した。

「しかし、信じられません。分かれてから1時間足らずの間にこんな事になるとわ」

「いいですかテツ君。ジュラもセルヒラードも手練れです。その二人がやられたんです」
「セルヒラードなら直ぐに目を覚ますと思いますが、短気になってはいけませんよ」
「あくまで冷静にね」

「はい。わかってます」

 テツはハッキリと返事をしたが、リオールは心配でならなかった。リオールの脳裏から、ホワイトタイガーの話しを聞いて駆け出したテツの姿が、離れなかったのである。

「混じり《Hybrid》【新世界戦記】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く