混じり《Hybrid》【新世界戦記】

小藤 隆也

農園 2

   さてここで、この少年について述べておこう。

   少年はアース人のイエローで、名はテツ・ヴァンデルサート。歳は14歳。この物語の主人公である。

   テツは再構築の時にこのインドネシア大陸に飛ばされて、彼の育ての親となるエドゥウン・ヴァンデルサートに拾われた。
   まだ5歳だったテツは毎日「テッちゃん。テツ兄ちゃん」と兄の名を呼び続けた。
   言葉の問題もあり、エドゥウンには何を言っているのかわからない。いつしか、繰り返されるその言葉がそのまま呼び名になり、エドゥウンはこの少年をテツと呼ぶようになった。
   お互いの意思の疎通を、言葉によって出来る様になり始めた頃、テツはエドゥウンに、自分の名前はアキツグだと告げたが、一度定着してしまった呼び名は変わらなかった。

    3年前のNW7年に、領主様からの要請で、この地方に暮らす人達の住民名簿を作る事になった。
   この時に育ての親であるエドゥウンの姓を貰い、彼は正式にテツ・ヴァンデルサートとなったのである。

   エドゥウンはガレン人のシルバーで、再構築時の年齢は67歳。ガレン人の寿命はアース人とほぼ一緒なので高齢と言って差し支えない年齢だった。
   彼は飛ばされたこの地で、後にこの地方の大豪族となる同郷人のグリード・ヴァンデマルクと出会う。

   エドゥウンは沿岸部で魚を捕って暮らしていたが、グリードに誘われて、その頃はまだ手付かずであった数多くの土地の開拓に乗り出した。
   そうして切り拓いたその土地に、テツと共に移り住んだのである。

   初めは開拓した土地でトウモロコシを栽培していたエドゥウンだが、新たな開拓地に自生していたネフラの特性に着目した。そしてその栽培方法を模索し始めたのである。

   トウモロコシはアースでは一般的な農作物で、その栽培方法も確立されていたが、ネフラはおそらくUN(Unknownの略)であった。

  UNというのはアース・ガレン・マウルションタといった文明や思想を持った世界以外の世界。おそらく知的生命すらいなかった世界から来た物を指す言葉で、当然ネフラの栽培方法などわかるはずもなかった。

   新たな土地開拓とトウモロコシ栽培を続けながら、ネフラの栽培方法を模索し続けたエドゥウンだったが、NW5年の年の初めに、彼は、彼の所有するトウモロコシ畑の大部分をグリードに任せて、自らはネフラの栽培に本格的に乗り出した。

   その3年後のNW8年に、エドゥウンは沿岸の港町を訪れていた際に大きな地震に遭い、75歳でこの世を去ってしまう。
 だが、彼と共に試行錯誤を続けてきたテツが後を継ぎ、ネフラの栽培を続けていった。
  
   テツは彼の雇っている3人の小作人と共に開拓を続け、ネフラ畑の規模を拡大し、その栽培方法も確立していった。
   努力の甲斐もあってネフラはこの地方の名産品としての可能性を示し始めたのだ。


   話を戻すが、先ほどから刈り入れ方を教わっている2人の大人は、これから本格的にネフラ栽培を初めようという、グリード氏からお預かりしている、グリード氏の小作人達である。

   グリード・ヴァンデマルクは既にこの頃には、この地方の豪族として名を広めていた。
   グリードにとって、テツは幼い頃から知っている自分の子供同然な存在で、何かと気にかけていた。
   実際、エドゥウンが亡くなった時には、自分の元に引き取ろうとしていたくらいである。

   そんな間柄なので、テツの方でもグリード氏を頼りにしていた。今、学びに来ている小作人達とも、元々顔馴染みであった。


  「テツ!」

   突然背後から、ハッとする様な甲高く威圧的な声と共に、ネフラの下の部分が投げつけられて、テツの背中に当たって落ちた。

  「イって〜」

   テツは一声呻いて、背中を押さえた。  硬いのでかなり痛い。

「収穫の時には声かけてって言ったでしょ。何で私に知らせないで始めてんのよ」

   振り向くと、銀色の美しく長い髪を風になびかせて、少女が仁王立ちになって睨んでいた。



 

「混じり《Hybrid》【新世界戦記】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く