魔剣による(※7度目の)英雄伝説

D_9

第1章『最強の魔剣』編 22話「女子会?」


『それでは、みんな集まりましたか?』


 そう言って、メイド姿の銀髪の少女が確認する。


『………いや、まだヘスティアが来ていない』


 そう答えたのは、ラフな格好をした金髪ポニーテールの女性だ。


『あらあら〜。サラスちゃん、知ってるかしら〜?』


 そう言ったのは、巫女服を着た足元までありそうな黒髪の女性だ。


『………なぜそこで私に聞くのか疑問ですが、とりあえず置いときましょう。あのチビは、お菓子がない!とか言って取りに行きました』


 それに答えたのは、ドレスのようなものを着て、青い髪をハーフアップにした女性だった。


『やっぱり知ってるのね〜。相変わらず仲がいいんだから〜』


『なっ!?ち、違います!たまたまですっ!たまたま、耳に入っただけですっ!!』


 黒髪の女性が青い髪の女性をからかっているようだ。するとそこに、


『ふぁ〜〜。どうでもいいから、早く始めようぞ〜。わし、もう寝たいのじゃ〜』


『あ、あの、イザナミさん!?お、起きてください〜〜!』


 着物のようなものを着て黒髪をツインテールにした少女を、緩い制服のようなものを着た(彼女には大きすぎるため、そうなってしまうのである)、ボブカットで薄い緑の髪の少女がなんとか起こそうとしている。すると、そこに


『おっまたせ〜〜!お菓子もってきたわよ〜〜〜!!』


 と、いかにも活発そうな赤い髪のショートカットの少女が入ってくる。しかし、その声に答えるものはいない。互いに言い合っていたり、一方的に受け流されていたり、その様子を見て頭を痛そうにしていたり。赤髪の少女はその様子を見て、


『あんたら一体何やってんのよ……。ホント、私がいないと何にもできないんだから!』


 そう言って、しょうがないわねぇ、とでも言うように肩をすくめる。もちろん、それを聞いた少女たちは、


『『『あんたのせいよ(だ)!!!!!』』』


 声を揃えてそう言った。


『な、なんでよっ!?私はただ、お菓子を持ってきただけじゃない!?』


『こっちは待たされてんのよ!!このへっぽこチビ!!!』

 
『なっ!?!?………あんたねぇ!言っていいことと、悪いことの区別もつかないの!?!?』


『あら?ということは、やっぱり自覚はあったのね?』


『このっ………!!!』


 今度は、コッチで喧嘩が始まる。その様子に、銀髪の少女と金髪の女性はハァ、とため息をつく。






『それでは、話を始めましょうか』


 銀髪の女性、クロが話を始めようとする。ここにはクロの他に、インドラ、アマテラス、サラスヴァティ、イザナミ、アネモイ、ヘスティアがいる。ここは言わば、リュートの心の中と言ったところだろうか。現界していない彼女たちは普段はここで、生活している。すると、クロが話を始める。


『それでは、今日の報告始めます』


 どうやら、現界出来ない他の魔剣に今日起こったことを報告するようだ。


『それで?何があったのよ』


 と、ヘスティアが不機嫌そうに聞き返す。そして、次のクロの言葉で機嫌はさらに悪くなる。


『とりあえず今日だけで、ほぼ二人落ちました』


『『『…………』』』


『流石、ご主人じゃの』


『す、すごいですね……』


『まぁ、ご主人様ですしね〜』


 皆、反応は様々だが呆れたり嫉妬したりと大体同じ思いであるようだ。


『………で?クロから見たその子達はどうなの?っていうか、一人はリーシャよね?レイはまだ大丈夫だと思うけど』


 と、ヘスティアが聞く。


『そのとおりです。もう一人は、学園の子ですね。リーシャのことは、わかっているとは思いますが、もう一人の子もとても礼儀正しい子でした』


 とクロが説明する。


『………はぁ。ホントあの天然なんとかならないの?クロ』


 ヘスティアがはぁ、とため息とともにそんなことを言う。答えはもちろん、


『無理です』


『………やっぱり?』


『はい。まぁ、それもご主人様の美点の一つでもあり、最大の弱点でもあるのですが……』


 と、こんな時でもリュートのことを持ち上げる彼女は流石といったところだろう。


『まぁ、そうですね〜〜。なんだかんだ言っても、皆リュート様のことが大好きなんですよね〜〜』


 と、テラスが頬に手を当て女神のような笑顔を皆に向ける。


『……そうですね』


『まぁのぉ〜〜。ふぁ〜〜』


『え、えっと。えっと………す、好きです』


『ま、そうなのよね』


『………同意する』


『恥ずかしがってる〜。インドラちゃん、かわい〜〜』


『しょ、しょうがないだろう!!そ、そのまだご主人に面と向かってす、好きって言ったこともないんだから……』


『………そういえば、アンタ主にまだ言ってなかったんだっけ?』


『ぅ……』


『かわいいですね〜〜。インドラちゃん』


『う、うるさいぞ!?テラス!!』


『………で、アンタは何やってんのよ』


 先程から何も話していないサラスにヘスティアが声をかける。するとサラスは、


『いえ………。アナタの意外な洞察力に驚いていただけです。ただのおバカキャラじゃなかったんですね』


『…………………あ、アンタねぇ!!!』


 そう言って、また喧嘩が始まる。その様子を見て、他のメンバーが呆れてたのは言うまでもないだろう。そんな感じで彼女たちのリュートですら知らない、女子会が幕を閉じたのである。 




                 To be continue.

「魔剣による(※7度目の)英雄伝説」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く