あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?

mamuuuu

いい感じじゃね?

ご飯を食べた後にお風呂に行って歯を磨いて部屋に行った。
ベッドにダイブしてスマホを開いて咲希に電話をかけた。
「もしもし!宰佐君!やっほー!」
「もしもし、やほー咲希」
「宰佐君明日そっちに行っていい!?」
「待ってて聞いてくる」
そして俺はお母さんに聞いて許可をとり咲希に「大丈夫だよと言った」
               〇                     〇                    〇
今私は、宰佐君と電話をしている。
そして私は、宰佐君と明日遊ぶ約束をしてニヤニヤしながら話している。
時間はあっという間に過ぎていった。
私は、まだ話してたかったけど宰佐くんが寝るらしいから「また明日ねー!」と言った。
そして私はベッドに入り宰佐君のことを考えていた。
そして私が寝たのは11時30分だった。
                  〇                  〇                 〇
鳥が鳴いてる声が聞こえて俺はいつも通りに起きた、そして着替えて、ご飯を食べて、歯を磨いて黒い服の人にお願いしていつも通りに学校に登校した。
学校に着くと相変わらず周りの人から注目される。
「恥ずかしいな・・・」と思っていると俺の名前を呼ぶ声がした。
俺はすぐに咲希だとわかった。
「おはよう!咲希!」
「おはよう!宰佐君!」
あれ?なんかいい感じじゃね?と俺は思った。
周りから見たらリア充爆発しろとかリア充〇ねとか思ってるだろう。
俺は勝者の笑みで周りの人にドヤッてしたいが殺気が凄かったので俺は咲希に「早く行こ!」と言って教室に向かった。
教室に着くと俺と咲希はまた話しを始めた。
そして話し始めて10分後に担任の先生が来た。
そしていつも通りに連絡があった。そして連絡が終わって1時間目が始まるチャイムが流れたのだった。

「あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • アキ

    「大丈夫だよと言った」 

    「大丈夫だよ」と言った
    では?

    0
コメントを書く