あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?

mamuuuu

わけがわからないんだけど・・・

俺は高い車に乗りながら家に帰っていた。
目を瞑って考えていたが、車が止まったので目を開けたらお母さんが俺に言った。
「家についたよ」
俺は車から降りて、周りを見た。
ん、何処だ?そして、このでかい家とでかい庭がある家は誰の家だ?
するとお母さんはそのでかい家の庭を歩いてこっちだよと言うのだった。
「う、嘘だろ・・・」
そして俺は走ってお母さんの所に行った。
そして俺はお母さんと話しながらでかい家の玄関に着いた。
玄関が開くとお掃除してる女性や玄関で出迎えてくれる女性がいた。
お母さんはいつも通りにカバンを玄関にいる女性に渡し、俺に言った。
「ほら、おいで」
「あ、うん」
あれ?俺、もしかして死んで生まれ変わった?
俺はそう考えながらお母さんに着いて行った。
そしてお母さんがそこに椅子に座ってと俺に言ってきたのだ。
俺はうんと返事をし椅子に座った。
「明日から学校だけど、送り迎えはそこの黒い服を着た人がしてくれるから」
「うん、わかった」
 あれ?なんかこれはこれで幸せじゃね?そう思った。
そして俺はお母さんに風呂に入りたいと言って近くにいた女性に場所を案内してもらった。
「お洋服はこちらにありますので」
「あ、わかりました。ありがとうございます。」
そして俺は広いお風呂に入りながら疲れをいやしたのだった。

「あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く