あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?

mamuuuu

なんかこの病院やばい気が・・・

俺は目が覚めて、よく寝たと言いながら背伸びをして起きた。
すると女性の声がした。
「ほんと、よく寝たね」と笑いながら女性は言った。
顔を見ると全然知らない女性だった。
「あの、誰ですか?」
「あ、私はこの病院で働いてる者ですよ」
と女性が言った。
「あ、そうなんですか」
「はい」
「あの、君に質問いいかな?」
女性が言う。
「はい!何でしょう?」
「親の電話番号とかわかる?分かるなら電話しとくけど?」
「あ、わかりますよ」
そして俺は紙に書いて女性に渡した。
「ありがとーなら親に電話して迎えに来てもらうね」
「ありがとうございます」
そして親がくるまで病室のベッドに腰をかけて座って待ってた。
ガラッと勢いよくドアが開いて、女性が見えた・・・ん?誰だ・・・?
「宰佐、大丈夫?」
見知らぬ女性が言う。
「あの、誰ですか?」
女性はその言葉を聞くと悲しそうに近づいくる。
「私は羽状 桜茅(うじょう さち)だよ」
俺は驚いた顔で言った。
「え?お母さん?顔変わった?」
お母さんは驚いた顔で「いや、生まれつきこの顔だよ?」と言った。
そして俺は気づいて驚いたことが一つある。
なんか高価そうな服を着ているし俺のお母さんの左後ろと右後ろに黒い服や黒い靴や黒いサングラスをかけた人が立っていた。
その時お母さんが言った。
「とりあえず病院に長く居るのも迷惑だろうし帰ろうか」
「そ、そうだね」
そして俺は靴を履き、謎が多いままお母さんと病室を出て、病院の廊下を歩いて外に行くと目の前に凄く高そうな車が止まっている。
てか、高そうじゃなくて高いな、うん。
俺は確信した。
その時お母さんが言った。
「さ、乗って」
俺はとても驚いた。なんでって?そりゃ、高そうな車に乗れって、言われたからだよ。
「う、うん・・・」
あれ?俺の家ってこんなにお金あったっけ・・・
やっぱり、謎が多いな・・・何が起こったんだろう・・・
そして俺は目を瞑りながら考えたのだった・・・

「あれ、なんで俺こんなに女子から見られるの?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く