最強の防御系能力を持った僕は異世界で暴れまわる

グリード

ゴブリンと狼の戦闘

ゴブリン「グギャアッギッギャギャ」
なんかゴブリンが言ってるけど分からんから良いや、とりあえず硬化
パキパキ
よし出来た硬化した腕でゴブリンを
清志「オラオラオラオラオラオラオラオラオラァ!」
グギャーヒュードガンァン
あれまぁ……オラオラ強すぎじゃありませか?
まぁゴブリンは弱いのかな?( ̄▽ ̄;)

ガサゴソ
またなんか来た
子犬「ワン(^ω^)
なんだぁ、犬ぅかぁ(ネットリ)
子犬「ワンワン(^ω^)
ん?なんだ僕に寄ってきて
子犬「ワンワン(^ω^)
あ~可愛いなこの子いnΞガブッΞ
ガギィン
子犬だった犬「グルルルル」
(罠か、硬化してた腕を出したのが幸運だったな)
犬だったやつ「グラァァァァ!」
(仕方ない……)
清志「ベクトル反射!」
ガキィィィィン
もはや狼「キャインキャイン」
清志「悪いな経験値になってくれ」
ここで清志の拳が幸運か不運か狼の鼻っ柱をへし折った
バキャァ
狼「キャ……ン…」
(死んだか…)
(初めてこの手で殺したな…)
──────────────────
オッス、オラ作者
いやーこないだ遂にフォロワーさんが10人超えましたー(  ^∀^)

「最強の防御系能力を持った僕は異世界で暴れまわる 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く