最強の防御系能力を持った僕は異世界で暴れまわる

グリード

ヤァ(*´∀`)ノ

幼女「なんじゃッ!お主はッ!」           
清志 「ん?僕かな?」
幼女「そうじゃ!お主意外誰がおるッ!」
フムフムこの娘はいわゆるロリババアと言う事かな?まぁ紳士な僕は最後の三文字は言わないとして・・・何だこの幼女は?
幼女「お主は何故この空間に居れるのじゃッ!」
・・・・
清志「サァ┐('~`;)┌」
幼女「さぁ?じゃない!何故妾が創った神の領域に居れるのじゃ!」
ハァ?(゜Д゜)神?

今僕がここで思ったこと

(´・ω・`)駄目だこいつ…早く何とかしないと…
幼女「さっきから失礼じゃのーお主」
清志「何がですか?」
まさかつい口から心の声が出てしまったのか!
幼女「いいやお主の心の声が聞こえてる、だけじゃ」(´∇`)フッ←清志
清志「へーじゃあさっき考えていた事を言ってみてくれよ」
幼女「分かったじゃあ言ってやるのじゃ」
(°∀°)ワクテカワクテカ
幼女「駄目だこいつ…早く何とかしないと…
じゃな?」
清志「おー(  ^∀^)すごいすごい」
まぁ、真っ白い空間に居る人?は大体心読めるからな
幼女「清志は反応がいまいちじゃのー」
清志「まぁ仕方ないよねー」
だって僕は腐るほどラノベを読んでテンプレと言うテンプレは知っているからな
幼女「あ!思い出した!お主は後輩神を脅迫して無理やり行かさる事になった転移者になる流田  清志じゃな」
ハァ?
(゜ロ゜)

「最強の防御系能力を持った僕は異世界で暴れまわる 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く