モブニートだった俺が転生したら美少女で更には能力値がチートな件について

ひなたろ

第6話 生きてるッ?!

死んだなー。あれは死んだな。
…あれ。死んだらこんな風に考えれたっけ。
死んだ時の感覚なんて冷たくなる感覚しか
覚えてないぞ。

?「ーーーぇ……!」

声…?しかも聞いたことあるな。
どこで聞いたんだろう…
……そうだ、さっき死ぬ前に聞いt

?「ねぇ!!大丈夫?!生きてる?!ねぇねぇねぇ((ry」

ガクガクガクガクガクガクガク

「…うおぉ?!ちょ、ゆら、すな!!」

コイツ容赦なく体揺らして来るな。

「…あれ…?死んでない。感覚が、ある。」
?「わぁ、良かった!生きてた!!」

…洞窟は?此処は?

「あ、そうだ。洞窟が崩れる前に君が助けてくれたのか?」

?「そうだよー!数百年は誰も近づいてないダンジョンから大きな物音がしたから見に行ったらダンジョンが崩れ掛けててさ、そこで君は見た所…魔力切れで動けなかったんだよね。」

「魔力…あ。そう、それ。まぁ、助けてくれてありがとうな。そして質問ばかりで悪いけど此処は?君の名前は?」

アルフェス「あ、申し遅れました!私はアルフェスと言います。そして此処はエルフの森。エルフが住む森だよ。私もエルフ!…だけどこの前悪い人間達がエルフ族を半分以上攫って行ってしまってここに居るエルフは後僅か…」

エルフ…妖精か。そしてエルフが攫われた…
か。やはりエルフ狩りとか有るんだな。
多分行き先はオークションや奴隷だろうな。
…さて、どうしたものか。



主人公は元、男性なのでオレっ娘。


「モブニートだった俺が転生したら美少女で更には能力値がチートな件について」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く