モブニートだった俺が転生したら美少女で更には能力値がチートな件について

ひなたろ

第1話 あれ?これは、もしかして…?

何だろう…。俺は轢かれたんだよな。
あ、そうか。あの世か、あの世だな。
いやまて、じゃあ、何で…こんな湿っぽい…
まるで洞窟みたいな………

「あ…?洞窟…??」

うん、見るからに洞窟だな。例えるなら
オンラインゲームとかで有る様な…ダンジョン式の洞窟…

「洞窟………俺、道のど真ん中で死んだよな?」

それに今気づいたんだが自分の声が物凄く高い。それこそ声優がキャラの声を演じてるような声だ。

「ははっ……まさかな。」

そうだ。丁度そこに綺麗な水たまりがあるし光ってる石みたいなやつもあるから反射くらいするであろう。

「…………」

いやいやいや。おい。誰だ。ここの水たまりに映ってる見たこともない美少女は。

…あれっ…もしかして、これって。

「俗に言う…転生しちゃった系か…?」

しかもめちゃくちゃな美少女に。


…書くのが慣れてなさ過ぎて…(白目)

「モブニートだった俺が転生したら美少女で更には能力値がチートな件について」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く