異世界に転生しちゃいました…

水谷琴子

第一話 突然の終わり

 私、日向茜ひゅうがあかね。この春高校に入学した、ぴちぴちの16歳です。家庭はいたって普通。母と妹二人で元気に暮らしています。父は私が幼いころに離婚しているので、私は部活には入らず、家事をしています。頑張っていい高校に入学したので、将来いい仕事に就けるといいなと思っているところです。
 今日もいつものように帰る。同じく帰宅部の絵里と一緒に。
 この時、少しでも時間がずれていたら。
 いつもと同じ通学路を通らなければ。
 何処かに寄り道をしていれば。
 あんなことにはならなかったのかもしれない。
 でも、私はいつものように過ごした。
 いつもと同じ放課後。
 いつもと同じ通学路。
 いつもと同じ街の賑わい。
 いつもと同じ会話。
何もかもがいつもと同じだった。たった一つを除いて。
非日常はある日、ある時、突然やってくる。
「きゃあああああ」
突然、通行人から悲鳴が上がる。何事かと思い、振り返った瞬間、世界がフリーズする。まるでスローモーションを見ているかのような世界が広がる。その世界は人もモノも自分も全てがゆっくりとしか動かない。
 先ほど悲鳴を上げたと思われる女性も。
 こちらを見て驚いている通行人も。
 助けようとしている絵里も。
 心が凍りつきそうな笑みを浮かべた男も。
その男は鋭いナイフを持っていた。ナイフは真っ直ぐ私に向かってくる。頭が真っ白になった。
 私は、あ、これ刺さるな、とだけ思った。
自分でもびっくりするぐらい冷静に。
案外、いまの生活にほ満足していなかったのかもしれない。家事に追われる高校生なんて。 
でも、諦めきれない。だって、こんなに頑張ってきたのに。頑張って生きてきたのに。
 私がそう思っている間にも少しずつ少しずつ世界の時間は進む。
予想通り、ナイフは振り返った私の左胸に刺さる。激痛が身体中を駆け巡る。ズブリ、と嫌な音とともに体の中に金属が入っていく感覚がした。気持ち悪い。
体の自由が効かなくなり、固い道路に叩きつけられる。熱い。痛いという感覚はなく、熱いのだ。刺されたところから熱が広がっていく。それも一瞬のことで、すぐに寒くなっていく。刺されたところだけが熱く、それ以外が寒い。血が流れすぎたせいか、だんだん視界がぼやけ、頭もぼんやりしてくる。 
 絵里が私に向かって、叫んでくる。
「茜!まだ死んだらだめだよ!絶対に。私と成人式で同じ振袖着るって約束したじゃん!高校卒業するってぇ。ねえ。ねえってばぁ。返事してよ…茜ぇ。」
私は最期の力を振り絞って言う。
「ご...めん.......ね。はあ.......い..ま...まで...あり....が...      と.....う」
「いや。いやああああ。」
絵里が泣き叫んでいるのが聞こえる。誰が呼んだのか、救急車の音も聞こえるが、もう既に私には呼吸をする力も残っていなかった。
せめて、成人くらいはしたかったな…振袖着たかったな…お母さんや妹たちはどうなるのかな…
ごめんなさい、みんな。そしてありがとう。
 こうして私は未練を残しながらもこの世を去った。


誤字脱字がありましたらご報告お願いします。

「異世界に転生しちゃいました…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く