それでも僕はその愛を拒む

Kanon1969

異常さの変化

今週もまた真衣と共に図書室で勉強をしている。先週、あんなことがあったと言うのに、まるで何も無かったかのように普通に勉強をしながら時間は過ぎていく。

「先輩、もしかしなくても私のこと警戒してますよね?」

「まぁ、あんなことがあったんだ。警戒するなと言う方が無理だろ……。しかも真衣は僕の言うことを全く聞かないじゃないか」

真衣はいつものように余裕のある表情で淡々と僕に話しかけてくる。先週の異常さは今は感じない。

「それは、失礼しました……。どうにも気が動転してしまい、感情的になってしまっていたみたいです。ですが、あの時の発言に偽りはありませんよ」

「それはつまり、あの時に言っていた僕を助けると言うのも本気ってことか?」

「えぇ、それは勿論本気ですよ。そのことを懸念して警戒されていたのですね?」

まるで僕の考えが分かっているかのように真衣は僕の質問に返答した後に質問の意図を確認してくる。

「まぁな、助ける何て言われたら、真衣が何をしようとしているのかを考えるだけで気が気じゃいられないのでね」

「フフッ、そこは安心しても良いですよ。とりあえず、日頃の先輩の表情を見ているとあまり苦悩している表情は見えませんからね。大胆な行動をとるつもりはありませんよ。彼女さんとは上手くやっているみたいですね?」

大胆な行動にでないと言うのは助かるのだが、表情? つまり真衣は日頃から僕を見ていると言うことか? それはつまり監視されていると言う訳か……。だが幸い、詩音とは学校ではカップルとして見られたくないという僕の希望があり、学内では互いに無干渉と言う約束がしてあるため、そう簡単にはバレないだろうが、監視されているとなると非常に落ち着かないな。

「まぁ、そこそこな」

「そうですか……。彼女さんは先輩を大切になさっているようで何よりです」

大切にされているか……。確かに詩音は付き合う中で僕の希望のほとんどを聞いてくれている……。今回の件で幸いしたこともその一つなのだから、僕は詩音に大切にされているのかもしれない。 

だが、別れるという点だけは絶対に許されない……。別れたいなどと言えば詩音は僕の秘密をもって脅迫してくるだろう。 

「そうだな。案外大切にされているのかもな」

「……先輩、それでも私は先輩を諦める気は微塵もありませんからね。それだけは覚えていて下さいね。そして、いつか先輩を私の虜にしてみせますから」

今の真衣には先週のような異常さを直接受けはしないが、言葉のどこかに異常な何かが混じっているように思えた。

「だからといって妙な行動は控えてくれ。自分が監視されていると思うと気分が悪くなってくる。それが起因して真衣のことを避けるようになるかもしれない」

「っ! 分かりました。控えるようにします……。先輩に嫌われでもしたら、私の虜にするどころではありませんからね、それにこのやり方は少し陰湿過ぎましたね」

僕の発言により、真衣の持つ異常さが消えたかのように感じた。正気に戻ったと言うことなのだろうか……。

「そうか。僕も出来ることなら、真衣を嫌いたくないんだ。真衣は僕の大切な後輩だからな」

「そう言ってもらえると、とても嬉しいです。これからは先輩に直接思いを伝えていくことにします。彼女さんのことが好きでは無いのなら、私のことを好きさせてみせますから、覚悟しておいて下さいね♪」

今の真衣には異常さを感じないのだが、その曇の無い笑顔にはどこか危険な感じがした。危険な魅力とでも言えば良いのだろうか……。今の僕は真衣に対して今後の不安を感じずにはいられなかった……。

「それでも僕はその愛を拒む」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く