異世界はチートなカードで乗り切ろう!?

田中 凪

53.圧倒的

「それじゃあ、始め!」
フィレリアさんの合図で模擬戦が開始された。
こうなったら全力でやってやる。練習量増やされるのは嫌だし…
とりあえず初手はこの演習場に【ゲート】と【マジックカード】をばらまく。
「まずいわ!この演習場がハルトの罠だらけになったわよ!」
「【グラビティ】使ってないだけありがたいと思ってくださいね!」
アレ使ったら一瞬で終わるしな。そうなると楽をして勝ったからメニュー増やすねとか言われかねん…
ハルトがそう思ってどの程度の手加減をするか考えている中、シストリナとムルドフがどうするかを話し合っていた。
「下手に動くなってことか?」
「えぇ、遠距離攻撃だと最悪後ろから飛んできて自分達に被害が出るわ」
「来ないならこっちから行きますよ?」
そう言ってハルトは後ろへ、、、飛んだ
「うわぁ!?」
そして次の瞬間、クラスメイト達の背後に現れ、1人吹き飛ばして戦闘不能にした。
「何が起きたんだ?!」
「【ゲート】を使っただけよ。私達は全方位を警戒しないと行けないわね」
「これが空間属性の魔法使いの厄介さか…」
「頑張らないと今の君らじゃハルトに触れることすら出来ないよ」
フィレリアがそう告げた。確かに空間魔法で縦横無尽に駆け回るハルトに一撃を当てることはおろか捕捉することすらできていない。
そうしている間に1人、また1人と倒されていく。
「そう言えば、フィレリアさんはマジックアイテムを使ってもいいって言ってたな…」
「えぇ、言ってたわね。因みに最初にばらまかれたカードがハルトのマジックアイテムの1つよ」
「ちっ、とことん厄介だな…」
「右側に飛んでくるわ!」
「【ウィンドウォール】!!」
「リヴィア、それは悪手よ!」
だが、シストリナの忠告は遅かった。
「【吸収】」
「え?」
仲間を守るために張った結界が一瞬にして消えたことに驚き、動きが固まったリヴィアに狙いを定め攻撃をするが…
「させるかよ!護れ!【イグラス】!」
ギイィィンッ!
「盾のマジックアイテムですか。厄介な…」
「へへっ、そう簡単にゃやらせねぇさ!」
「そのようですね。ではこうしましょう」
「なっ?!どkうぐぇ!!」
ハルトは【ショートワープ】でヴィエトの背後に飛び、昏倒させる。
「これで厄介な盾持ちはいなくなりましたかね?」
そして、振り向いたハルトは少し口角を上げていた。
「おっ?ハルト君も戦闘狂コッチ側になってきたかな?」
それを見ていたフィレリアは嬉しそうにそうつぶやいた。
「右斜め後方!来るわよ!」
シストリナがハルトの出現した方向を言うが、それに対応する術を持たないため、次々と戦闘不能にされていく。
それにしても、未来の嫁さんぶん殴って昏倒させるのってどうなんだろうか…
「終わったみたいだね。魔力回復しなくても余裕だったでしょ?」
「そうですね。むしろ、どの程度まで手を抜くか考えながらやってましたからね」
「でしょ?あんな修練してて負けたらさすがの僕も…キレてたよ?」
「アッハイ」
「それじゃ、みんなを起こそうか」
「そうですね。一応、水をかければ起きると思いますよ」

「そうそう、これからたまにこっち来てみんなに指導することになったからよろしくね〜」
みんなを起こした後にフィレリアは爆弾を落として去って行った。
「「「ひぇっ?!」」」


お気に入り登録者様が233人、イイネが379になりました。ありがとうございます。
今回名前が出てきたクラスメイト達はまだ出てきてないクラスメイトと一緒に紹介します。次はクラスメイト紹介になると思います。

「異世界はチートなカードで乗り切ろう!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 田中  凪

    コメントありがとうございます。励みになります

    0
  • 炎と風の銃使い(闇属性)

    面白かったです

    2
コメントを書く