異世界はチートなカードで乗り切ろう!?

田中 凪

40.とある商会

今回は別視点です。(ハルト視点をやらないとは言ってない)



〜レベリュー商会〜
「奴隷…でございますか?」
「ああそうだ。亜人でもいいから女の奴隷を数人、出来れば15歳以上で手配を頼みたい。ああ、犯罪奴隷、借金奴隷ではないやつでな」
ある日、レベリュー商会にとって1番のお得意様であるウィルミード伯爵からそう依頼を受けた。この帝国では犯罪奴隷、借金奴隷以外の奴隷は認められていない。
「その理由はおうかがいしても?」
そして、受けた…いや、正確には受けようとしている依頼は、いくら大手の商会であったとしても発覚してしまえば商売もできず、さらには自身が犯罪奴隷になるような危険なものだ。理由を聞いておかなければ判断できない。また、そういったことなら裏の組織に頼むべきではないのか。そういった意図を含めて聞いてみると…
「そうだな…は様々な組織や商会に頼んでいてな…犯罪奴隷や借金奴隷では出来ないようなことをやる…とだけ言っておこう。この国を変えるのにどうしても必要なのだよ。この国、いや、世界の正当なる支配者たる陛下が降臨なされるのだ。成功した暁には君を新たな国の貴族にしようではないか。」
そう、帝国、帝国の属国及び周辺国では犯罪奴隷と借金奴隷に対して主人であっても過度な危害を加えることが出来ないように設定されている。そして、上記二つ以外の奴隷は禁止されている。それを破ってまでやる価値のあるもの、国を変えると言っていた。変わった時にどれほど自分にとって利益が出るのか…それを考え、引き受けることにした。早速、商会の汚れ仕事をする部署に早速連絡をする。
「早急に用意するように」
「はっ」

~暗部の人間〜
今まで商会の命令で殺しや盗みを数え切れないほどやってきたが誘拐というのは初めてだ。ここはやはりその道のプロに任せるべきだろう。殺しと違って相手を捕えなければならない。殺しと誘拐は似ているようで全く違うものだからな…
奴隷が欲しいのなら犯罪奴隷を買えばいいような気がするのだが…あまり探りを入れない方が良さそうだ。攫うのならなるべく身寄りがない孤児がいいのだが帝国では皇帝が子どもを保護する法律を作ったために兵士の目がありそういったこともしにくい。やりにく言ったらありゃしない。冒険者なんかもいいだろうが女冒険者となると数が少ない…
まったく、難題を押し付けてきたものだ。少々時間はかかるが隣国へ行くべきだな。
そう決めると暗部のリーダーは部下を数名引連れて隣国へ向かった。奴隷の首輪は3つしか手に入らなかったのでそれを使っていくことにした。
そして、最後の一人をフレア王国のとある森の中で捉えると帝国へ引き返す。しかし、道中で不運にもオークの集団に遭遇してしまった。
「ピギィィィ!」
「ちっ、こんな所でオークと出くわすとは…」
「リーダー!コイツら普通のオークと違いますぜ!なんでか知らねぇが強めだ!」
「プゴォォォォッ!」
手下達がそう言っていると森の奥からさらに鳴き声とともにオークが姿を現した。
「なっ…ハイオークだと?!お前らずらかる…ぞ…」
リーダーの男が指示を出したと思ったら視線がいきなり落ちた。
そのままオーク達は複数の男の死体と繁殖媒体他種族のメスを自分たちの巣へと持ち帰った。
こうして、ウィルミード伯爵の計画は図らずとも遅延することとなった。


~ハルト~
なるほどねぇ、それであんなとこにみんながいたし奴隷の首輪がついていた訳か。それにしても『陛下』って魔王のことのような気がするな。魔王って僕でも倒せるのか?ま、無理っぽかったらフィレリア最強さんに任せれば万事解決だよな。
……これのコピーとっとこ。


1ヶ月以上も間隔が空いてしまい申し訳ございませんでした。言い訳させて頂くと、学年末テスト+学校行事の準備でとても忙しく、書けませんでした。あと、内容をしっかり読み直して設定がガバガバにならないようにしてました。つ、次は空けないようにします。
お気に入り登録者様が180人になりました。ありがとうございます。スローペースではありますが今後もよろしくお願いします。
あと、Twitter始めてみました。ま、これをアップしましたよーぐらいしか言わないですが(笑)
追記、Twitter始めましたって宣言しつつユーザー名入れてなかったのに気づきました@2238nananaです。(正直ほとんど呟かないのでフォローしても意味ないと思いますw)

「異世界はチートなカードで乗り切ろう!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く