異世界はチートなカードで乗り切ろう!?

田中 凪

39.ゴブリンだし多少はね?

ゴブリンの群れに近づいたハルト達は正確な数を把握し終えどう攻撃していくかを考えていた。
「じゃあ、まずはソニアとフェスティリナの魔法で奇襲ね。で、詩織は2人を守る結界をよろしくね」
「はい」
「了解です〜」
「わかってるわ」
「私とフィミアは混乱しているゴブリンの群れに入っていくよ」
「は、はい!」
「それじゃ、いくよ!」
ミツキの掛け声とともに詩織が神楽鈴を使って詠唱を始める。神楽鈴を使うとその魔法の効果が強化されるらしい。
「森に宿りし八百万の神々よ我らを守る力を与えたまへ【六面陣】!」
「じゃ、いくわよ!森の精霊達よ我が望みに答え敵をこの地に縛れ【グリーンバインド】!」
「いきますよ〜、精霊さんお願いします〜」
そして、フェスティリナがゴブリン達の足を止めソニアが風の精霊魔法で首をはね、2人だけでも問題なく対処出来る程度まで数を減らす。
突然の襲撃を受けたゴブリン達は慌てふためき、ろくな反撃も出来ずにいた。
「グギャァァァ!」
「ギィィィィ?!」
ゴブリン達は自分達がどう殺されたのかも分からないまま意識を消して行った。
「割と呆気なかったわね」
「そうですね〜」
「おかげで戦闘訓練になったのか微妙なところですね」
「足止めからの見えない刃での攻撃って…なかなかえげつないことを考えましたね…」
「わ、私でもゴブリンを倒せました!」
フィミアは自分でも倒せたことに喜んでいるようだが、混乱しているからこそ倒せたのだと教えておかないとかもしれない。いや、大丈夫か…フィミアはそこまでおバカじゃないな。
そして、討伐照明部位を剥ぎ取り遺体をそのままにしておくと伝染病の原因にもアンデットにもなるので地面に埋めることにした。焼かずに埋めるのは【火】の適正を持った人がいなかったからである。まあ、その気になれば【雷】で焼くこともできたのだが、それに気づくことは無かった。
ギルドに戻り精算を済ましたがそこまでのお金にはならなかった。まあ、ゴブリンと薬草採取だから仕方がないが…これは、森の奥に入って大物を狩ってくる必要がありそうだ…


新年、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。( ..)"
お気に入り登録者様が170人になりました。ありがとうございます。

「異世界はチートなカードで乗り切ろう!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く