異世界はチートなカードで乗り切ろう!?

田中 凪

32.その頃…

ハルトが帝国に行っている頃、その原因となったフィレリアは、国王から呼び出され、こっぴどく叱られて謹慎令を出されて暇をしていた。
「お主はもう少し相手が子どもだというのを自覚した方がいい…」
「あ、あはは…忘れてたよ」
「はぁ…勘弁してくれ…あれが別の場所に住むと言い始めたら、こちらは大損害だぞ。まあ、そうはならんだろうが…」
「返す言葉もないよ…それで、ハルトくんは今どこに?」
「教えるわけなかろう…とりあえずお主はしばらく謹慎しておけ!」
「近衛騎士団団長が謹慎とはねぇ…世も末だねぇ…」
その時、その場に居合わせた者全員が、(その近衛騎士団団長はお前だけどね?!)という心の声が一致したのは言うまでもない…
ちなみに、謹慎はハルトが要求したものである。そうして行動を制限しなければ、絶対に追ってくると思ったからだ。
「先に言っておくが謹慎を勝手に破るなよ…そうしたらこっちは莫大な被害を被るのだからな…」
「分かってるって〜。あー、それにしても暇になるなぁ…ま、いいや、しばらくサボってた自分の訓練しとかなきゃね。それぐらいは問題ないでしょ?」
「ん?あ、ああ、問題ないぞ。だが、自分の屋敷の中でしか認めんぞ。謹慎だからな」
「分かってるよ」
謁見の間を後にしたフィレリアは
「さて、僕もハルトくんに抜かれないようにちゃんとやっておかないとね…」
と、小さく呟いて自分の屋敷に戻っていった。

side帝国
ハルトが帝都に入った所まで時を遡る。
城の門番はその日の業務を夜勤の者に引き継ごうとしていた時、1人の兵士が走ってきた。鎧についているエンブレムを見ると帝都東門の門兵の兵長だった。よほど重要度が高いとわかったとは言え、一応は事情聴取をしなければならない。
「何事だ!」
「は、た、他国の貴族の子息が入場した報告を入れに来ました」
「他国の貴族だと?階級は?名前は?家名は?」
「はっ、階級はフレア王国辺境伯、家名をアルフォード、子息の名前をハルトといいます。これが、その証拠です」
「…確認した。これは、急いで外務大臣に取り次ぐ。ところで、護衛は連れてきていないのか?」
「そ、それが、途中でオークの村を壊滅させてきていまして…そこで出会ったらしい女性5名はいましたが、護衛は全く見当たりませんでした。それと、明日の夕刻にはそれを返してほしいと言っておりました」
「それも伝えておこう…ご苦労だったな、持ち場に戻れ」
「はっ、そうさせていただきます」
そして、夕方だったにも関わらずとても忙しくなったとか。そして、本人の知らないところで城へ招かれることになっていた。


その内、近代兵器も出してやろうと画策中の作者ですw
お気に入り登録者様が142人になりました。ありがとうございます。(更新ペースは上がりそうにありませんが…)

「異世界はチートなカードで乗り切ろう!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く