異世界はチートなカードで乗り切ろう!?

田中 凪

28.自己紹介と嫌な予感

ハルトが小屋の扉を開けると、そこには………
犬耳(多分)銀髪で、明るい灰色?の目を持った獣人が1人とエルフが2人(内1人は首輪を付けていて、どちらも金髪碧眼)、どちらも15歳頃と思われ首輪がついている。片方は黒髪黒眼の人族で、もう片方は蒼髪と目は髪と正反対の紅の人族だった。
「ええっと、たまたま通りかかったらオークを見つけて討伐した者ですが、皆さんは手を出されていませんか?」
ハルトがそう言うと女性達は一斉に振り返り、夢でも見ているんだと思い、目を閉じ……
「いやいやいやいや、現実ですから、夢じゃないですよ?!」
「ほ、本当に、現実……?」
1人の犬耳の獣人がそう言いながら自分の頬をつねる。いや、なんで確かめる方法がそれなんだよ…異世界も同じとか、びっくりなんですけど。
「い、痛いってことは、現実…よかっ、た」
なんか、シリアスなはずなのに全然そんな感じに思えないのはどうしてだろうか………まあ、そこは深く考えないでおこう。
「それよりも、オーク達に手は出されてないんですね?」
ハルトがもう一度聞くと女の冒険者(服装から判断)が
「私たちは手を出されていないけど、それよりも前に攫われていた人達が連れていかれて……連れて……「それ以上は言わなくて大丈夫ですよ」…はい」
女性が言葉に詰まったことによりだいたい察した。それがいつのことなのかは分からないが、ここ以外に女性達の生体反応がなかったことを考えると、その人達は死んでいるだろう。その事を念のため伝えておくとしよう。
「一応、いろいろな場所を見てきましたが、誰もいなかったので、恐らくは…」
「…そう、ですか。オークに攫われてしまえばそうなることは解っていました。私達は幸運ですね」
「そう思っていただけるなら嬉しいですが、僕一人でこの人数を守るのはなかなか大変ですね」
女性達はハルトの身なりから貴族の子どもで、優秀な護衛がいてそのおかげでここまで来れたのだろうと判断していたのでは1人だとは思ってもみなかったようだ。
(まあ、そう思うのも仕方ないか…)
実際、この世界ではハルトの読んでいたラノベと同じで、ほとんどの貴族は自分たちで戦うことをしない。するとしても、攻撃魔法の類を嗜む程度で、護身術も素人に毛が生えた程度のものしかやらず、護衛がその身を守っていることが多い。(アルフォード家や騎士から貴族位へ上がってきた者は例外)
「ところで、この中に冒険者の人はいますか?」
「私は一応冒険者よ……と言ってもベテランって程じゃないけどね」
犬耳の獣人の人が手を上げる。
「わかりました。ショートソードでいいですか?」
「え、えぇ、それでいいわ。でも、どこに持っているの?」
ハルトはそうなるよなぁ、と思いつつカードをショートソードが収納されたカードを取り出す。
「も、もしかしてそれがあなたの魔道具なの?」
「はい、正確にはその能力の一部ですがね。っと、こんなところで長話するのもアレですし、場所を移しましょう」
ハルトがそう言うと、女性達はすぐに首を縦に振った。
オークとハイオークの死体を回収するとオークの巣をマジックカードから出したファイアーボールで焼き払い、焼失させた。
そして、【ロングワープ】を使いハルトが最初に野営をしていた場所に戻ってきた。女性達の中に、魔道具としてテントを持っている人がいたので、出してもらい、その中に入った。
「まずは、自己紹介から始めましょうか。僕はハルト=アルフォード、年齢も言っておきますね。年は6歳です」
その言葉に女性達は固まり…
「「「「アルフォード家の息子?!」」」」
「?」
と、黒髪黒眼の少女以外は声を揃えてそう叫ぶのだった。
「しぃぃぃぃぃぃ!声が大きいですよ。まあ、驚く気持ちもわかりますが…」
「そ、そうね、じゃあ次は私よ。私の名前はミツキよ。犬じゃなくて、狼の獣人だかんね!そこんとこ間違わないでね。冒険者をやってるわ。これでももうすぐCに上がれそうな位は実力があるわ。と言っても、オーク数匹に遅れをとるぐらいだけどね…魔道具はある程度の物が入れられるマジックバックよ」
ミツキの自己紹介の最中、ハルトは犬じゃなかったのか…と思っていた。
「私はフェスティリナ、見ての通りエルフよ。職業は学者で、この森にたまたま立ち寄った時に連れ去られてしまったの。魔道具は物を拡大して見ることのできる顕微鏡って名前のものよ。これがなかったら学者なんてやってないわ」
「まさかの顕微鏡?!そ、それを見せてくれますか?」
「あら?あなた、知っていたの?みんなの自己紹介が終わったらいくらでも見せてあげるわ」
「はい、ありがとうございます」
「次は私ですね〜?私はソニアといいます〜。見ての通り奴隷です〜。移動中に襲われて〜、奴隷商人は〜、あっけなく殺されちゃってるんです〜。あ、魔道具はみなさんが使ってるこのテントです〜」
なんだろう、語尾を伸ばしてるからなのか聞いてて地味にいらいらしてくる…
「わ、私は!フィミアです!ソニアさんと一緒で奴隷です。な、何でもしますから、捨てないでくださいね…?あ、魔道具は火属性の魔法書です!」
緊張してるのかやたら「!」が多いな。いや、緊張というよりも怯え…かな?
「…最後は私ですね。私は神薙かんなぎ 詩織と言います。神薙が家名で詩織が名前です。ソニアとフィミアと同じで奴隷です。でも、私達は借金奴隷でも犯罪奴隷でもないし、親に売られた訳でもないんです。この首輪をつけた奴隷商人に連れさらわれてしまったからなんです。魔道具は神楽鈴かぐらすずっていう特殊な鈴です」
最後にとんでもないこと言ってくれたなぁ…どうすんだよ、これ、行った先で面倒事待ってるフラグ立ってんじゃん…奴隷商人死んでも外れないって、それ、首輪の持ち主が別にいるか犯罪奴隷用の首輪だよな…
フレア王国では特に何も無いのに連れ去り、奴隷にすることは禁止されている。だが、禁止されているからと言っていないという訳では無い。悪巧みをして儲けようとする人間も多い。そして、特別な趣向や性癖から違法奴隷に手を出す者もいる。今回はそんな奴隷商人の奴隷だったようだ。



ここで、5人の容姿の説明しますね。じゃないと色々と不便なので…(自然に本文に入れられるほかの作者様たちが羨ましい…)
ミツキ  
狼の獣人で、言葉遣いはちょっと乱暴。髪は肩の高さで切りそろえられている。胸は普通ぐらい。容姿端麗

フェスティリナ
髪は腰あたりまで伸ばされている。ちょっとシストリナと似ているところがある。巨乳。エルフというよりエロフ(見た目)。顔はエルフなので言うまでもなく…

ソニア
セミロングの髪を後ろで束ねたポニーテイル。語尾を伸ばす喋り方が特徴的。巨乳(以下略)

フィミア
蒼い髪を背中の真ん中あたりまで伸ばし、右の前髪の一部がはねている。ドジっ子属性あり。胸は普通ぐらい。

神薙 詩織
長い髪を三つ編みと後ろの団子でまとめている。丁寧な言葉遣い。絶壁。フルフラット。
キャラ紹介はのちのちまとめて出すつもりでいます。はい。



「ちょっと試したいことがあるんですがいいですか?」
「何をする気なの?」
「いや、僕のカードで奴隷の首輪を解除できないかな、と思ってね」
「そ、そんなの無理よ、奴隷の首輪って、アイテムボックスの類を触れさせても………うええええ?!」
「できましたね」
フェスティリナが言い終わる前に、ハルトはアイテムカードを首に当てて収納した。
「よ、よかったです〜!これで言うこと聞かないと首を絞められないですみます〜!!」
結構恐ろしいことするなぁ…
「わ、私もやってください!」
「私もお願いするわ」
それを見ていたフィミアと詩織もハルトに頼んでくる。
「このお礼はいつかします〜!」
「な、なんでも言ってくださいね!」
「ありがとうございます。何でも言ってくださいね」
「いえ、当然のことをしたまでですし、そんなことを言わなくてもいいですよ」
……なんか、フェスティリナさんからの視線が怖いんだけど…『そのカードの仕組みを教えてくれ!』って言ってきそう。
「あ、後でそのカードの仕組みを教えてくれ!!」
あ、やっぱり…
「は、はい、とりあえず今日は遅いので寝ましょう。では、みなさんはここで…(ガシッ)」
ハルトは気を利かせて外で寝ようとするが、ミツキが肩を掴んで引き止める。
「何言ってるのハルトくん?外で寝ようとなんてしてないわよね?」
「で、でも見張りは必要かなと…」
「あ、それなら大丈夫です〜。このテントには〜、隠蔽の効果もあるんです〜。それに〜、自分達よりも強いとはいえ〜、小さい子を〜外で寝かすのはよくないと思うのです〜」
「そうですよ、いくら強くてもまだ子どもなんですから、私たちと一緒にこのテントで寝ましょう」
あ、やべぇ、これ絶対断れねぇやつだ…5人からの圧力ハンパねぇ…
けっきょく、このひは6にんいっしょにねました、まる。おおきなものがぶつかってちっそくしそうになったけどきもちよかったです、まる。


お気に入り登録者様が127人になりました。ありがとうございます。
なんか、書いてるうちに10歳頃の話を30話目で投稿できる気がしなくなってきました。
あと、どうせならイリアちゃんとは双子の設定にしとけばよかったと後悔しております。(≧▽≦)

「異世界はチートなカードで乗り切ろう!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く