異世界はチートなカードで乗り切ろう!?

田中 凪

25.驚きの事実ととんでもないしごき

イリアのとんでもない魔法適性が分かった翌日、朝からイリアは中庭で魔法を使う基礎となる魔力循環の練習をしていた。
「それはいいんですけど、なんでフィレリアさんがいるんですか?」
そう、ハルトが王城に報告しに行き、帰ろうとするとフィレリアがついてきたのだった。
「ん?それはもちろん、面白そうだからきたんだよ。時間属性なんて下手したら空間属性よりもでてないよ」
ハルトの疑問に対しフィレリアはいつも通りのイケメンスマイルで答える。
「そうなんですか…具体的な数としては?」
「ん~、まあ、空間属性が歴史上でハルトくんを入れて6人、時間属性は歴史上でイリアちゃんを入れて4人かな」
「あんまり変わりませんね…」
「まあね♪でも、実際のところその珍しい属性を持つ2人が同年代で確認されることなんて初めてだよ。200年生きてる僕が言うんだから間違いない」
ん?今、フィレリアさん200年生きてるって言ったよな?
「…あの?僕の聞き間違いでなければ200年生きてるって言ったように聞こえたんですが?」
「ん?ああ、そうだった、ハルトくんには言ってなかったね。僕はハーフエルフだから」
「初耳なんですけど?!」
「初めて言ったからね」
いや、まあ、そうだけども…って、それよりも!
「ここに来た理由、他にありますよね?」
「ん?そうそうウェイルに頼まれてハルトくんに刀術を教えに来たんだよ」
なるほど、つまり、ウェイルさんが言ってた新しい僕の先生と…なるほど、スパルタな感じしかしねぇ!!
「限りなく嫌な予感しかしないですね!!」
「そんなことないよ。一緒に楽しもう!」
そんなハルトの嫌な予感に対し、笑顔で否定するフィレリアであったが…ハルトの予想が的中するのだった。
「じゃ、まずは基礎体力作りに走り込みに行こうか」
「何キロぐらいですか?」
「ん?そうだね…どうせちょっとやそっとじゃへばらないだろうし60キロ位行こうか」
60キロと言われて、ハルトは即座に「できるか!」と
声を張り上げたのだった。そこからハルトは地獄の鬼ですら泣いて逃げるのでは?と思うほど厳しい訓練が待っていた。
……具体的には60キロ走った後に腹筋背筋、腕立て伏せスクワット、素振り各100回を3セット、さらにそれが終わればフィレリアと全力で模擬戦といったものだ。とても6歳児にやらせるようなものでは無いと、ハルトが途中で切れて全力で逃げたのであった。



お久しぶりです。これの4年後の話はある程度出来ているのですが、もう何話か置いてからにしようと思っています。ただ、その何話かの内容が思い浮かんでないです。(;^ω^)

「異世界はチートなカードで乗り切ろう!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く