話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界はチートなカードで乗り切ろう!?

田中 凪

22.模擬戦2

「さて、第2ラウンドを始めようか」
そう言ったフィレリアさんはすごく活き活きとした笑顔だった。普通のイケメンスマイルなので、これだけを見たらそこら辺の女の人はコロッといってしまいそうだ。
あくまでこの一部だけを見れば…だが。
やっぱりというか、なんか、スキが見当たらない…しかも、あの纏ってる魔力の塊は絶対にまずい。
「そっちが来ないなら、行くよ!」
フィレリアが軽い調子で踏み込んだだけで地面がえぐれ、とんでもないスピードで迫ってくる。
(ちっ、こうなったら一か八か、チートカード使うしかねぇ!!)
それに対し、ハルトは両手にマジックカードを持ち、もしもの時のため(こちらの方が可能性としては高い)に【ショートワープ】の準備をしておく。
うわっ、もう来た?!
ハルトはぎりぎり見えた太刀筋の軌道上にカードを置く。
ガキンッ!!
魔力とカードがぶつかっただけなのに、金属同士の物で思いっきりぶつけ合ったような音がした。
そして、思わず閉じた目を開けると、フィレリアの纏っていた魔力が消えていた。
「……まさか、これも吸収されるなんてね…」
フィレリアは新たな強者を見つけた喜びと模擬戦とはいえ自分の切り札を封じられた恐怖を交えてそう言った。
「は、ははは、僕もできるなんて思ってなかったんですがね…」
それに対しハルトは、歯切れが悪そうに答える。しかし、絶対まだ出来るだろ…と思っていた。そして、その悪い予感は的中する。
「でもまあ、途中で切れちゃったからまだ何回ができるんだけどね」
やっぱりなのか…薄々そうなんじゃないかなと思ってたら見事に当たったよ。
「戦闘中によそ見とは感心しないよ?」
ハルトが少し遠い目をしているといつの間にか臨戦態勢を整えたフィレリアが迫ってきていた。
「ッ?!」
それにギリギリのタイミングで【ショートワープ】を使い逃げた。
(あっぶねぇ、あと1秒でもタイミングがズレてたら吹き飛ばされてたぞ)
「そう言えば、ハルトくんは空間魔法が使えるんだったね。うっかりしてたよ」
「結構ギリギリでしたけどね…それに、少し手を抜いてましたよね?」
「うんうん、よく分かってるね。こんな上がってきたところで終わらせるなんてもったいないことはしたくないからね」
「やっぱし戦闘狂の気持ちはよく分からないですね」
「ははっ、よく言われるよ。でも戦いほど素晴らしいものはないよ」
「そうです、か!どのみち僕にはわかりませんね」
とまあ、そんな会話をしながらも戦闘に長けた者でしか目に追えないようなスピードで剣を、拳を交えていた。
そして、
「さて、そろそろ終わりにしようか」
フィレリアは周囲を見渡しそう言う。なぜなら・・・
試合が長すぎて観戦しているほとんどの人物が早く終わらせろと言わんばかりの空気を放っていたからだ。
「…そのほうが良さそうですね」
それを察したハルトも同意する。
ハルトはいつか使うだろうと思い、大量にストックしておいたマジックカードを取り出す。使っていて気付いたことなのだがこのカードは空間に配置することができるのだ。しかも、吸収した魔法は1回の使い切りではなく何度でも使うことができ、そのカードから放出された魔法(自身に害のある魔法、つまりは主に攻撃魔法)は自分には効果が及ばないのだ。しかも俺の体を貫いて相手にダメージを与えられるという優れもの。いや、もう普通にチートてある。
「行くよ!」
フィレリアはそう言うと20メートルはあった間合いをすぐに俺はそれに対して魔法の弾幕で接近を防ごうと試みる。が、避ける素振りを全く見せずに真っ直ぐに突っ込んできた。しかも、魔法が直撃してはいるのだがあの【魔纏いまとい】に吸収されている気がする………というわけで【ショートワープ】で逃げた。どうやったらあれを攻略出来るかわかんねぇぞ…
「ハルトくんのおかげである程度魔力も回復できたよ」
やっぱか、このまま持久戦に持ち込むわけにもいかないしな……アイツ黒い自分の方が戦闘能力高いし頼むってのもありだがけど、どうしたものか…っとあぶねえ!
「戦闘中に考え事もよろしくないねぇ」
「むしろ、考えながらも避けれたんですから褒めてくださいよ」
「戦いで注意を相手に向けないでいること自体がまずいんだけどね。ま、いいや、とりあえず褒めてあげるよ」
と、言いつつもフィレリアは攻撃の手を緩めない。むしろ、威力も速度も少しずつ上げていた。
「くっ、んのぉ!!」
ハルトはその内の一撃を掴むと強引に投げ飛ばし間合いをつくる。
(さて、どうしたもんかな…あの【魔纏いまとい】が吸収できることが分かったとはいえ、フィレリアさんも警戒してるだろうしな…でも、ちょっと【グラビティ】を試してみよう)
「【グラビティ】!!」
ハルトが使ったのは相手や指定した範囲内を重くするものではなくウェイルとの模擬戦で使った指定した範囲内を無重力状態にするほうだ。
ただ、ウェイルさんはすぐに対応出来なかったからいけたけど、フィレリアさんならすぐに対応しかねないんだよな…
そう思いながらも、ハルトは観客席にいる人達にも効果が及ばないように調節していた。
「うわっ?!わわわわ」
さすがに、宙を浮くことに関してはあまり体制がないらしくフィレリアはかなり動揺していた。
そりゃまあ、予備知識があっても怖いのにそれも無しは最初は動揺するよな…ま、それを狙ってるんだけどね!
ハルトはすかさず【ショートワープ】でフィレリアの背後に近付き、持っていたナイフで切りかかろうとした。が、
「させないよ!【ウィンド】!」
ハルトにウィンドを当てて突き放したが、自分も吹き飛んだ。ハルトは一応予想していた攻撃だったので吹き飛ばされても冷静に対応し、クルクルと回転しながら壁際に近付いているフィレリアに迫り、今度こそ一撃を入れることに成功した。
「そこまで!勝者、ハルト!」
それに少し遅れて王のジャッジが言い渡された。
「あちゃー、負けちゃった。でも、次は負けないよ」
フィレリアはものすごくいい笑顔でそう言った。
「それはそうですよ。これは、初見殺しの魔法なんですから…」
それに対しハルトはもうやりたくないと体と心全体で表しながらそう言うがフィレリアはそんな態度を気にせず「次はいつやる??」と聞いてきたが、だんまりを決め込んでいた。









そして、場所は再び授与式を行うための部屋に戻る。今度こそ文句が出ずに無事に終了した。(ちなみに、模擬戦をやって疲れたためか言葉を噛んでしまい、笑いを必死にこらえる者が多かったとか…)


なんとフォロワー様が6人も増えました!ありがとうございます!<(_ _)>
一応、更新間隔が(一ヶ月以上)空いた言い訳とお詫びをさせていただきます。
受験終わって高校に行く準備やらで忙しくなり、さらに学年末テストで時間が無くておまけに戦闘シーンがなかなか思いつかなかったです。本当にすみませんでしたぁ!!!(スライディング土下座)

「異世界はチートなカードで乗り切ろう!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く