異世界はチートなカードで乗り切ろう!?

田中 凪

19.王女様のご機嫌は…?

王城へ行くとすぐに王様に呼ばれた。お父様は別室でほかの貴族の人と話していたが、俺が呼ばれると少し話を中断させてニヤニヤしながら頑張れよ。と言ってきた。どういうことだ?
今回は謁見の間ではなく、会議室だった。
「ハルトよ、よく来たな。まずはリナの件を放棄したことについて何か言いたいことはあるかね?」
あ、若干怒ってるぞ、これ。
「は、はい。見苦しい言い訳になってしまいますが氾濫の起こる数週間ほど前に神託が降りてきたんです。その内容は『近く、魔物の氾濫が起こる。いつもの氾濫ではないのでそれまでにできる限り力と技を磨くように』です。なので、リナ様の好奇心を満たすためのお話ができなくなりました」
「そうだったのか。まあ、単独でキメラ4体を倒したわけだし、キメラに殺されてそれ以降何もできなくなってしまうほうがまずい。それに、色々と繋がっていたようだし今回の件はなかったことにしよう」
「寛大な処置、感謝致します」
「それとな、今調査団を向かわせたからしばらくすればどこのどいつがあのキメラを放ったか分かるだろう」
「その辺は僕の出番はないと思うのですが?」
「報告だよ報告。ハルト、君は当事者なのだからな」
「そうでしたか」
「それとだな、リナがへそを曲げて食事の時以外は部屋にこもってしまったのだが、どうにかしてくれんか?」
おっと、やっぱりそうなってたか。
「はい、一応考えはあります」
「そうか…頼むぞ…」

執事さんと一緒にシストリナ様の部屋の前にやってきた。
「お嬢様、ハルト様がお越しになられました」
「ハルト様が来たんですの?!ハルト様だけ部屋に通して!」
あれ、なんかまずい予感がする…
「し、失礼します」
そう言ってドアを開けて中に入ると…
シュバっ!バタンッ!
シストリナ様がありえない速さでドアを閉めた。そして
「わたくしのことを放置しすぎですわ!!!!」
「ギャベシッ!!」
回し蹴りを側頭部に喰らった。その時に白いおぱんつが見えていたのは言うまでもない。眼福眼福(俺はロリコンじゃないからな?精神年齢的にはアレだけど肉体年齢的にはセーフだからな?!)
ああ、意識が遠のいていく…そして俺は誰に向かってこんな言い訳をしているのやら…
ドサッ



うーん、頭が痛い。にしても美少女(まだ5歳だから美幼女?)の白パンツとは…とてもいい光景を見れたよ。
「ハルト様?なにかいやらしいことを考えていませんか?」
アッレ〜?なんで心読まれた?そんなわけないよな。うん、顔に出てただけだよな。いやまあ、それもまずいけども…
「そ、そんなことないよ。ところでさ、これってどういう状況かな?」
そう、俺はいま、シストリナ様に乗っかられている。馬乗り?って言うんだっけな?
「わたくしのことを放置した罰を言いつけるためですわ」
「うん、だからって乗る必要ないよね?」
「…」
「あの?」
「……」
え?なに?なんで赤くなってんの?え?どゆこと?
「こ、こちらの方が覗きやすかったんですわ」
「なにを?!」
覗きやすかったってなんだよ。何を覗いたんだ。
「ハルト様の前世の記憶ですわ」
「…ちなみに、どこまで?」
「全てですわ」
………ん?
「え?全部?生まれたあたりから死ぬ間際まで?」
「そうですわ。それにしてもハルト様にそんな趣味があったなんて…」
うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!?ほんとに何してくれちゃってんだ?!え?薄い本とかHな写真集とか自分の中のめちゃめちゃ恥ずかしい記憶とか全部見られたの?!
「まあまあ、互いに色々と見せあった仲ですしいいではありませんか?」
「互いに色々と見せあったって何のことだよ?!」
するとシストリナ様はポっと顔を赤く染めて「し、下に履いているものですわ」と小声で言った。
何言ってくれちゃってんだよ?!俺が気絶してる間に何やってたのマジで!!
そこにルイドが入ってきた。
「やあやあ、楽しんでいるかね?」
…これの何を楽しめと?
「まあ、今回はちょっとイタズラが過ぎたかな?」
ハルトは冷めた目でレスティアを見るがそれは無視される。
「何を仰っているのですか?」
「いや、実はなリナは怒ってないんだよ。ただのイタズラだよ」
国王様はニヤニヤしながらそう言った。
えっ?てことはこれはドッキリなのか?
「でもシストリナ様は本気で蹴ってきませんでしたか?」
「まあ、罰だと思って受け止めておけ。それでだな実はハルトくんにリナの婚約者になってもらおうと思っているんだ」
「・・・・・・・え?」
ちょっと待て、今なんて言った?シストリナ様はなんで赤面して・・・うん?婚約?いやいや、伯爵家の三男だぞ継承権ないぞ。
「あの、僕は三男ですよ?」
「はははっ、そこはほかの貴族達も納得できるものがあるから気にしなくていい。それに…今回のことでハルトくんは男爵になるからな。貴族位は低いけどこれからどんどん手柄を立てて上げていけば問題ない」
「初耳なことが多すぎるのですが?!」
だからか!だからお父様は俺が王様へ謁見しに行く前に妙にニヤニヤしてたのか!
「授与式は1週間後だ。準備をしといてくれ。あと、婚約についてだがまだ発表はしない」
「わ、わかりました。ところで、ほかの貴族達が納得できる理由って何でしょうか?」
「…それはリナの婚約者候補の同年代の者達が話についていけず、リナが嫌がっておるからだ。それに、影ではリナは変人扱いされているらしい」
えぇ…それだけでかよ…
その後、伯爵以上の地位になれるように、と言われてしまった。
ああ、もう家に帰ったらベッドにダイブして寝よう。
ちなみに言うとシストリナ様のご機嫌はそこまで悪くなかったが、クッキーを渡してきた。




あけましておめでとうございます。今年も本作品の応援よろしくお願いします。
ちょっと忙しくなるので1ヶ月ほど更新できないかもしれないです。
誤字脱字、これっておかしくない?というところがありましたらコメントをよろしくお願いします。
1月5日 若干修正しました。

国王の名前出てないと思ってたら14話目で出していたのでそちらに修正しました。多分まだ修正しないといけないとこありそう…

「異世界はチートなカードで乗り切ろう!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く