異世界はチートなカードで乗り切ろう!?

田中 凪

6.アルフォード家の家族会議2

俺は水晶から手を離すと、なぜか固まっているお父様達を見る。固まっていないのは俺と同じく世界の常識を知らない妹だけだ。
「ば、バカな…魔法適正が多すぎる…」
「お、お父様、夢でも見ているのでしょうか?」
「【空間】の、魔法適性者が、出たのは、2人目、のはず」
「あ、あなた、これは流石に王様に報告しないと…」
「あ、ああそうだな。おい、伝書鳩を飛ばす!準備してくれ!」
ん、ん〜?なんかまずったっぽい?
お父様、なにかまずかったですか?
「まずいなんて話ではないぞ!これは一大事だ!魔法適性で【空間】が出たのは数百年前に1人だけなんだ。それ以降は出ていない!」
神様ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ?!なにやらかしてくれちゃってんですかね?!さすがにチートすぎる。しかし、なんか嫌な予感するんだよなぁ。フラグ立ってたりしないかな?

後日(数ヶ月ほど後こと)

国王様の使者が来た。うわぁぁぁぁぁぁぁ!!フラグ立ってたぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

「異世界はチートなカードで乗り切ろう!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く