異世界はチートなカードで乗り切ろう!?

田中 凪

4.ようやく

5歳になった。
うおっしゃあぁぁぁあ!!
これでようやくアレがもらえるぜ!
と、いうわけで街の教会に来ました。教会には今日が誕生日で5歳になった子ども達が集められていた。
そこで、これからもらう魔道具についての説明を受けた。
この世界では宗教、種族に関係なく5歳のときに魔道具をもらうということ。
その魔道具は、もらった本人しか使えないということ。
魔道具は主が死ぬまで燃やそうが破けようが壊れようが残るということ。
ふーむ、あのときにあった人(?)がこの世界の神様なのだろうか?
まあ、そんなことはどうでもいいとして、ついに俺の番だな。待ちに待ったこの日!ああ、楽しみだ。
「さあ、祈りなさい」
神父さんに言われた通りにする。
そして、目を開けると目の前には3枚のカードがあった。これで、これでようやく・・・
家に戻った俺は早速カードの効果を試すべく自室にこもった。

部屋に入り、カードを眺めているとそのカードの情報が自然と頭に入ってきた。
【マジックカード】
効果:魔法を吸収、放出する。攻撃魔法以外の魔法も吸収、放出が可能。魔力を使って新たなカードを作ることができる。
【アイテムカード】
効果:食べ物、ポーション、武器、服、生物以外ならばなんでも入れておくことができる。同じものなら何個でも入れられる。時間経過はない。魔力を使って新たなカードを作ることができる。
【モンスターカード】
同意を得た魔物を使用できる。また、その魔物が死んでもカードの中に戻り復活する。魔力を使って新たなカードを作ることができる。

以上がこのカードの効果だった。いやいや、チート過ぎだろ。頼んでおいた俺が言うのもなんだけどさ、チートすぎるよ。しかも、【アイテムカード】なんてレアスキルの【アイテムボックス】の下位互換みたいなもんじゃねえか。やっべぇ、マジですごいもん貰っちまった。

「異世界はチートなカードで乗り切ろう!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く