攻略対象外だけど、好きなんです!

藤色

12 「クッキー作り」

 私は食堂に行き、キッチンに先ほど買ってきたクッキーの材料を並べる。

 パイとジャムの材料は自分の部屋にしまってある。
 キッチンに置いておくと、誰かに食べられてしまうことがあるからだ。

「さて、作りましょうか!」

 まずは、バターを溶かして砂糖と混ぜて……





 私は作り終えたクッキーを菜園へ持って行った。
 今日は確か伏見くんと葉月くんが当番だったはずだ。

「あ、あの!クッキー、持ってきたのですが……」
「雪月か。…ありがとう。あとでいただくよ。」
「雪月さん。ありがとうございます。」

 あ!しまった……
 伏見くんは甘いものを食べると酔ってしまうんだった。
 まぁいっか。

「あの…、私もお手伝いしてもいいでしょうか?」
「?もちろんいいが、今日は休みだろう?別に手伝わなくてもいいんだぞ?」
「でも、お二人しかいないので、大変そうです。どうか私にも、お手伝いさせていただけないでしょうか?」

 ちなみに訳は、「お手伝いという名の葉月くんを観察&恩を売らせていただけないでしょうか?」です。笑

「ゆ、雪月さん…!ありがとうございます、あなたは天使ですか…!」

 葉月くんがお礼を言ってくれる。
 可愛すぎーー!

「天使じゃないですけど……少しでもお二人のお力になれば幸いです。」

 私は二人を手伝った後、葉月くんとクッキーを食べた。
 伏見くんはあとで(多分夜に)食べるそうだ。
 
クッキーを食べているときの葉月くん、すっごく可愛かったな…!





その日の夜、私は伏見くんをストーカーしていた。
理由としては、伏見くんのお菓子に酔ったところを見てみたかったからだ。

 今、伏見くんは私の作ったクッキーを食べている。実はそれは、伏見くん用に糖分を多めにしてある。
…つまり今、伏見くんは確実に酔っているということだ。

「え!?」

 少し油断した隙に、伏見くんがいつの間にか背後にいた。

「どうした、そんな悲鳴みたいな声をあげて。」
「あ、いえ、驚いてしまって……えっと」

 どうしよう。伏見くんに見つかるなんて、想定外だ!
 想定外過ぎて、思うように言葉が出せない。

「そうか。てっきり怖がられたのかと思ったよ。」
「伏見さんのことを怖がるなんて、そんな」
「……そうか。俺のことは怖くないのか。それは…駄目だな。」
「え?」

 心なしか、伏見くんのしゃべるトーンがいつもより低い。

「可愛いな……お前は。」

 な、なんとかして話をそらさないと…!

「ひ、昼間、乙哉くんにも言ってもらいました。妹みたいに可愛いって。そういうことを言われたことは初めてだったので嬉しかったです。…わたし、この船に来てからお兄ちゃんができたみたいです。伏見さんと、乙哉くん。乙哉くんも優しそうですけど、伏見さんの方が優しくて……」

 しまった。声が途切れて……!

「はぁ……雪月。」
「は、はい!」
「言葉の本質を理解せずに受け答えする。それはお前の悪い癖だ。「き、気をつけま」じっくり教えてやらないといけないな。……俺がどういう意味で、可愛いと言ったか。」

 これは本格的にヤバい。

 私は一歩、後ずさった。

「どうして後ずさったんだ?何か、後ろめたいことがあるのか?」
「そ、そんなことは…!」

 伏見くんが一歩近づいてきたので、私はまた一歩後ずさる。

「なぁ…どうして逃げるんだ?俺は、怖くないんだろう?」
「さっきはそう言いましたけど…!」
「ほぉら、捕まえた。この状態では、能力も使えないな……。教えてあげよう。俺が、どういう意味で可愛いと言ったのか…。」

 伏見くんに手を捕まえられた。
 ど、どうしよう!?能力が使えない!

「んっ………。」

 く、首筋にキスされた…!
 もしかしてキスマークつけるつもり!?
 あ、でも両手が空いたから、能力が使える!

《結界》

  
「な、なんだ、これは……!?」

 伏見くんも離れたし、これで私には誰も触れられない。

 私は走ってその場を離れた。





 後日。
 伏見さんが一人で歩いていたので声をかけてみた。

「あ!伏見さん!こんにちは〜。」
「!ゆ、雪月。」

 伏見くんはとても動揺しているようだ。
 この前のこと、覚えているのかな?
 私は伏見くんの耳元で囁いた。

「伏見さん、昨日はありがとうございました。とても勉強になりました。」
「!!!」

 私は、せめてものお返しに、罪悪感を植え付けることにした。

 だって、伏見くんのことは、弱みを握るくらいがちょうどいいかなって思うからね☆




「 攻略対象外だけど、好きなんです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く