攻略対象外だけど、好きなんです!

藤色

20 「落ちた桃」(1)



 「隼人!少しいいか?」

 あれ、伏見くんだ。

「ん?どうかした?」
「果樹園の桃が落ちていてな。それがかなりの量で……。」

 そんな……。
 あんな激しい揺れだもん。当然かといえば当然だけど…。

「うーん。そればっかりは何ともできないな。」
「だよな。少しもったいない気がするが……片付けるか。」
「あ、でも、あんまり傷がついていないのだけ拾っておこうか。」
「桃を集めるのにも袋が必要だな。たしか…食堂にあったはずだな。」
「あ、あの!私も手伝います。」
「そうか。なら、袋を取ってきてくれないか?」
「分かりました。取ってきます!」






 食堂についた。

 袋はたしか……ここらへんだったよね。
 少し高い位置にあるけど……ジャンプすれば届きそう。

「えいっ!」

 手に袋が触れた。
 だけど……あとちょっとのところで手が届かない。

 「これ…ですか?………はい。」

 みみみみ、緑川くんが取ってくれた!!

「緑川くん、ありがとうございます!」
「…………は。つい声を……僕は何をやってるんだ。」

 うんうん。やっぱり何度見ても緑川くんは可愛いなぁ……!

「それでは、失礼します。」
「ま、待ってください!」
「何ですか?」
「一緒に上に行きませんか?きっと楽しいですよ。」

 もっと可愛い緑川くんを眺めていたいです!!!!
 眺めさせてください!!!!
 という願いを込めて緑川くんを見つめる。

「いやです。」

 即答……。
 美少女の上目遣いは緑川くんには効かないということか……。
 くそーーー!!

「どうしてですか?」
「……どうでもいいじゃないですか。あなたには関係ないでしょう。」
「そんな……。」
「一部の人がおかしいだけで、ここの人は他人に無関心です。それが一番楽で、合理的だからです。万が一情が湧いたら困るでしょう。」

 それは違うよ!
 違うよ緑川くん!!

 って言いたいけど、しつこいのはダメだよね……。
 仕方ない。諦めるか……。

「もういいでしょう。はやく砂原さんのところに行ってください。」
「……わかりました。袋、ありがとうございました。」







 美少女だからってなんでも上手くいくとは限らないよね……。うん。
 分かってたけど、ちょっと悲しい。

「袋、このくらいの大きさでよかったでしょうか?」
「いいんじゃないかな。…ところで、一階で湊を見かけなかった?」
「はい、いましたが……。どうしてそれを?」

 砂原くん、もしかしてエスパー??

「勝手な行動は厳禁って言ったのに……。ちょっと捕まえてくるよ。」
「でも、上に行きたくない、って言っていたのでそっとしてて……」

 あーあ、行っちゃったよ……。
 美少女パワーで駄目だったから、無理じゃないかなぁ……?

 イケメンパワーなら行けたりして。
 ……なーんちゃって。

「仕方ない。とりあえず、俺たちだけで桃を拾うか。」

 ……あ、伏見くんいたのね。







 と、いうことでー!
 果樹園に来ました!!
 よし、たくさん桃を拾うぞーー!!

 って、あれ?
 予想以上に桃が落ちてるんですけど……。
 これとかもう駄目なやつじゃん。

 …あ、これ傷ついてない!

「………っ!」 

 桃を拾おうとすると、指に何かが刺さった。

 何これ……。
 すごくヒリヒリして痛い……。

「ああ、桃の産毛が刺さったんだな。柔らかそうにみえてそうでもないから、気をつけたほうがいい。ここは俺がやる。」
「でも、伏見さんも痛いんじゃ……?」
「俺にはこれがあるから。」

 そう言って、伏見くんは手袋を見せた。
 伏見くんってそういうところちゃっかりしてるよね。

 でもなー。
 伏見くん一人に任せるのは、なんか嫌だし…。
 かといって、桃の産毛に気をつけて、となると……

 そーだっ!
 袋の上から桃を掴むとか?
 砂原くんの分の袋だから、砂原くんが来たら終わりだけど……。

「「…………」」

 私たち二人は、黙々と桃を拾った。







「うう……うううう……うううう……うううう……うううう」

 遠くからうめき声が聞こえる。

「何だ、このうめき声は。」
「二人とも、待たせたね!」
「うう……。チクリましたね…?」

 砂原くんに引きずられて緑川くんがきた。

 あ、緑川くんだったのか!
 確かにチクったけど……私、砂原くんに嘘はつきたくないし。
 ごめんね、と心の中で謝る。

「この子は悪くない。まったく、連れてきたというより、捕まえてきたという感じだな……。」
「たまには日光に当たらないといけないからね!」
「うう……。うざい…この笑顔……。」

 砂原くんの笑顔はイケメンスマイルだから、うざくないよ!!!!!

「 攻略対象外だけど、好きなんです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く