攻略対象外だけど、好きなんです!

藤色

11 「乙哉 太一」

 砂原くんがみんなを呼び出した。

「さて、紬以外はみんないるな。急に声をかけてごめんね。でも、集まってくれてありがとう。」
「美澄くん、どうかされたのですか?」

 伏見くんが答える。

「少し具合が悪いみたいなんだ。本人は大丈夫だと言っているが、今は部屋で休ませてるよ。」
「…そう、ですか。あとで、様子を見に行ってもいいですか?」
「いいんじゃない?重病人でもないんだし。……それより、どうして地上に降りたのかな?買い出しならこの前したばかりじゃない?」

神楽くんが言う。
…それは、能力者が乗ってくるからだよ!
なんて言えないけどネ☆

「……分からない。何か、理由はあるのだろうが……。」
「何の連絡もなく着陸するのは何度かあったよ。まぁ、今までは能力者を乗せるっていう確かな理由があったんだけど。この通り全員揃ってるからね。念のため、船に残っておいてくれ。」
「……話はそれだけ?」

 菜々香ちゃんが砂原くんに聞く。

「いや、これからが本題だよ。この船のルールを決めたいと思うんだ。」
「ルール?チーム分けだけじゃなくて、ルールにも縛られなきゃいけないの?俺は規則とか苦手だなぁ。ねぇ、ロンさんもでしょ?」

 神楽くんが桐ヶ谷くんに言う。

「さぁ、内容にもよるんじゃないかな?」

 桐ヶ谷くん、久しぶりにしゃべったな。

「そんなに難しいことじゃないよ。むしろ、これで気が楽になる人もいると思う。」
「……どんなルール?」
「能力、出自、生い立ち……
  何も詮索しない、立ち入らないこと。」
「…………」
「ちなみに紬は賛成だった。和樹は……ちょっと悩んでるみたいだけど。」

 そこで、伏見くんが言う。

「反対なわけじゃないんだ。ただ、こうやってルールを敷くことで、親交を深めることが出来なくなるんじゃないかと思ってな。」
「それは俺も思うよ。ただ、あの新聞記事のことがあるだろう?」
「!あれは誤報だと言っただろう!信じるだけ無駄だ。」

 どうして、伏見くんが誤報だと分かるのか。
 それは、彼が『世界』側の人間だからである。

 だから私は警戒せずに済んだが、他の人は違う。

「そうかもしれない。俺も気にしないようにしてるよ。……でも、多少なりとも警戒心を持たずにはいられないと思うよ。」
「警戒心、って……?何を警戒する必要があるんですか?」

 あ、葉月くんがしゃべった。
 ……かわいい。

「いずれ敵になるかもしれない相手に、手の内をさらすのは良くないってことかな。」
「……!」
「ありえない話じゃないよね。情勢次第では戦争になるかもしれない。戦争で一番最初に駆り出されるのは、力を持っているものなんだから。」
「ロン……!」

 伏見くんが、桐ヶ谷くんにこれ以上はやめろという視線を送る。

「……その話はやめませんか?今話しても良いことなんてないと思いますし……。」
「……はーい。」

 よかった。素直に聞いてくれた。

「そうだね。この件に関しては個々人の裁量に任せるよ。話したければ話していい。ただ、しつこく聞くのはだめだ。」

「……私は、賛成する。……聞かれたくないこと、あるから。」
「菜々香ちゃん……。」

 そういえば、菜々香ちゃんには親の命令でたくさん能力を使って、罪悪感を感じていたんだっけ。

 結局、反対者は出なかった。





 会議が終わった後、私は急いで美澄くんのもとへ向かった。

「紬様……いえ、美澄くん。大丈夫ですか?」

 つい、家にいるときの癖が…!
 気が抜けてきてるのかもしれない。
 気を引き締めないと。

「雪月、心配してくれたの?…もう大丈夫だよ。ありがとう。それより、湊くん知らない?」

 湊くん?美澄くんが葉月くんのことを気にかけるなんて珍しい。
 何かあったのかな…?

「葉月くん、ですか?それなら泉の近くにいましたけど……。」
「そっか。ありがと。」

 もしかしたら、葉月くんと倒れたこと、何か関係あるのかもしれない。
 …てことは、もしかして…!
 
「何かあるんですか?…もしかして、未来が、視えたのですか?」
「実は、ね。じゃあ僕は行くよ。」

 やっぱりね!

「はい。それでは。」

 美澄くん、葉月くんと何を話すのだろうか?
 葉月くんに関わる未来、何が視えたのだろう?

《うおー!何だここー!?》
「!?」

 いきなり、声が聞こえた。
 何故か、頭に直接聞こえるような…。
 頭に響くというか…。

 そういえば、これ、精神感応力っていう能力だった気がする…!
 ということは、乗って来たのは乙哉くんだ!

《でけー! すっげー! きれー!》

  精神感応力とは、離れていても自分の声を届けることができる能力だ。

 それは、能力でも同じことができる。

 夢見の能力と掛け合わせて、たくさんの人に同じ夢を見せたり、記憶を消す能力と掛け合わせて、たくさんの人々の記憶を一度に消すこともできる。

 しかし、記憶を消す能力を持っている菜々香ちゃんは、能力を使うことを拒んでいるため、たくさんの人の記憶が消されることはないだろう。


「あ!砂原くん。さっき、声?でしょうか。聞こえてのですが、砂原くんも聞こえましたか?」

 砂原くんが来たので、聞いてみる。

「君も聞こえたってことは…能力?」
「その可能性が高いですね。…新しい能力者さんは、どこにいるんでしょうか?手分けして探しましょう!」
「そうだね。…二階にはいなかったから、君は一階を探して。俺は三階を探す。」

 まぁ、三階にいることは分かっているんだけど…。
 怪しまれちゃうし、さっさと一階に行くか!

「分かりました!」

 私は走って一階へ向かった。





「つーことは、『世界』から何も聞いてねぇのに、自分から乗ってきたってことか?」
「そういうことになるね。間違いないよね、太一?」

 自己紹介を済ませ、東くんと砂原くんが聞く。

「おう。ちょっと面白そうだったから、入ってみた。」
「面白い、か。さすがの俺も、この船を見たときはそんなこと思う余裕がなかったな。こんなものを作ってしまう『世界』に対しての恐怖を感じてたよ。」
「何で恐怖?この船、敵なのか?」
「そうじゃないけど。巨大なものに対して畏怖の感情を抱くのは普通だと思うよ。」
「へー、そうなんだ。オレは、壁の周りのツタでターザンごっこが出来そうだとか、泉のとこで泳げそうだと思ったけどな!」

 ……うん。知ってた。乙哉くんが残念系イケメンだった、てこと。

 ただ…ここまで残念だったてことは、全然思ってないよ?…うん。まじで。
すごーく残念だ、なんて少しも思ってないんだからね!

「それは……確かに楽しそうだね。」
「ンなこと考えてるのはてめぇだけだ。頭のネジ緩んでんじゃねぇか?」
「緩んでねーよ!何考えようがオレの自由だろ!」

「話をもとに戻そう。俺たちが招集を受けた理由は説明したけど、ここまでで何か質問は?」
「質問?うーん……」

 乙哉くんは、少し考えてから…

《いまいちよく分かんねー。》

 能力で、心の声を漏らした。

「……よし、もう一回説明しよう。」
「おう!」
「返事はいいんだな……」

「ここにいる人間は全員、何らかの能力を持っている。『世界』は能力を平和のために活かすべく、俺たちを招集したんだ。ここまでは大丈夫?」

「ギリギリ」

「ここでギリギリならこの先話すのが不安になってくるよ。まぁいいや、とりあえず最後まで話そう。…この船の目的地は『世界』のいる場所って言われてるんだけど、明確な場所は聞いてない。俺の予測、というか新聞ではアメリカだって書いてあったんだけどね。…能力者について書いてるんだよ。簡単に言うと、『世界』が能力者を集めたのは、戦争の道具にするためじゃないかって内容だね。」

「その新聞に書いてあることは全てデタラメだ。何一つ真実はない。」

 伏見くんが言う。
 ま、私もデタラメだってことは分かってるんだけど、

「それは何度も聞いたよ。でも、ここに書いてあることは俺が想像していた全てなんだよね。信じる信じないは個々人の自由だよ。船に乗ってしまった以上、……いや、『世界』に命じられた以上は逆らえないしね。説明してあげるって言ったけど、残念ながら俺たちも知らないことが多いんだ。」

 砂原くんをはじめ、この船のみんなはあんまり信じてなさそうだね。

「……そんな状態で、よくお前らはこの船に乗ってるな。ここ、不安とかが渦巻いてる。何か居心地悪いわ。」
「君の能力は、人の心も読めるんだね。」
「読めるってほどじゃない。相手の感情が人より伝わってきやすいだけだ。」

「…………あの。私は、その新聞のこと、信じてないです。今まで平和を保ち続けた『世界』がいきなり戦争なんて言いだすはずはないと思ったからです。今まで小さな紛争はところどころでは起きてましたけど、『世界』が国同士の衝突を防いできたんですから。」

 私は勇気を出して言ってみた。

「国同士の衝突……って?そんな危ねーことあったのか?」

 まぁ、盗み聞したことなんだけどネ☆

「ええ。もちろん全部、戦争にはなりませんでしたけど…」
「雪月。それはあまり公になっている情報じゃないよ。僕らはそういう話を大人からよく聞いていたけど…」
「公になってない情報って、どういうことだよ?」

 東くんが聞く。

「『世界』が各国に圧力をかけてるって話さ。まぁ噂話程度にはあったけど、公家の二人から聞くには真実みたいだね。」

砂原くんが分かりやすく説明してくれる。

「戦争が起こらないためには必要なことなんです。私たちが戦争の道具になんてされるはずないと思ってます。だけど……大きな力が抑止力になることも分かります。そういう意味で『世界』が私の力を必要としてるなら協力は惜しまないです。」

「真面目なお嬢さんだねぇ。俺は食うに困らないって聞いたから来ただけなんだけど。」
「さすが、雪月は国の要所を守ってきただけあるね。俺もどちらかっていうと晴翔よりの理由かな。和樹は……雪月より、だよね。」
「え?あ、ああ。」

 伏見くんは、『世界』側の人間なので、少し動揺しているみたいだ。
 ……動揺、し過ぎじゃない?

「ふーん……、みんな色々理由はあるんだな。」
「俺は拉致されて来たぞ。」
「そうだったね。後にも先にも、拘束されて乗って来たのは君だけだったよ。」

 私も、東くんが拘束されて乗って来たのはびっくりしたな……。

「分かんねぇぞ。もしかしたら、他に乗ってくるやつがいるかもしれねーじゃねぇか。」

 「確かに。いつの間にか能力者は九人だと思い込んでいたけど……君が乗って来たことで、この前提が崩れてしまったね。」

「お?この船、九人しか乗っちゃいけねーのか?」

「そういうわけじゃないんだけど……ここ、私室が九つしかないんだ。だから勝手に九人しか乗ってこないんじゃないかと思ったんだよ。」

「ああ、そうだ。彼が乗ってきたから部屋が足りなくなったね。どうしようか。」

「誰かが相部屋になるしかないだろう。」

「俺が湊の部屋に移動しようか。彼奴をみはるのにちょうど良いし。」

「!!!!」

  葉月くんは、怯えていても可愛かった。

「うお!!こいつすげー怯えてるぞ!食われる寸前のウサギくらい!!」

「そんなことないよ。俺たちは仲良しだもんな、湊。」

「ひぃう!!」

「み、湊。服を引っ張るな!」

「むやみに湊くんを脅かしちゃダメだよ、隼。」

「別に脅かしてるつもりはないよ。食生活の不安定な湊は、見張るべきだと思っただけ。」

 食生活は私が管理してるから大丈夫だよん☆

「……!そうだ。隼、俺とお前が同室になろう。」

 伏見くんは、何かを思いついたように言った。

「え?いいけど……急にどうしたの?」
「あ、い、いや、湊をこれ以上追い詰めるのは可哀想だと思ってな。」
「遠矢さん!!あなたは何ていい人なんでしょう!今まで馬鹿にしてすみませんでした!」

 何という手のひら返し。ぷぷっ

「馬鹿にしてたのかお前……」
「湊が可哀想、ね。てっきり俺のことを監視したいからかと思ったよ。」
「うっ!」

 …だから伏見くんは、分かりやす過ぎるんだって。

「見張る、って言葉に反応したみたいだったし。」
「監視って……どうして隼を?」

 それは砂原くんが砂原 史郎の息子かもしれないからだヨ☆

「ち、違う!俺は別にそんな…!!」
「はいはい、分かったよ。それじゃあ、俺が和樹の部屋に行くから。ちょうど地上に降りてるし、寝具一式買ってきていいかな?」
「あ、ああ。それはもちろん。俺もついて行こう。」
「太一、君も一度ご家族に挨拶してきたら?何も言わずに出て行くのはよくないからね。」
「ん?あー……」
「…………」
「じゃあしばらく自由時間だね。あー、久々の街嬉しいなぁ。」

 私はお菓子の材料を買いに行こうっと。
 近々襲撃されて、桃が落ちてくるはずだから、パイやジャムを作る材料と…あと、クッキー作りたいな!



「 攻略対象外だけど、好きなんです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く