攻略対象外だけど、好きなんです!

藤色

13 「予想外」

 朝食後。

「船が……また地上に降りた。どういうことだろう?まだ僕たち以外にも乗ってくる人がいるの?」
「いや、そんな話は聞いていないぞ。」

「私が様子を見てきましょうか?」

「待った。女の子が出て行くのは危ないよ。どんな土地に降りたのかも分からないし、まずは俺と海斗で見てこよう。」
「はぁ?なんで俺が……」
「おう!よろしく頼むな!」
「ったく、いつもいつも俺のことを巻きこみやがって。いい格好してぇなら、自分一人でやれよ。」

「まぁまぁ。だってさ、もし不審人物が入ってきたら、海斗にとってもまずいだろ?可愛い弟に危険が及ぶかもしれないんだよ。」

 そうそう。東くんには、湊くんという可愛い弟がいたんだっけ。

「う!」
「能力者は九人。多分それは確かだと思うんだ。太一の場合は分かりやすい能力だったから信用出来たけど。もしかしたら俺たちの中に、能力者じゃない人間が混じっているのかもしれない。」
「…………」

 うん。桐ヶ谷くんは能力者じゃないよ。
 でも今言ったら殺されそうだから言わない。

「まぁ、全部推測だけどね。」
「……行くぞ。」

 私も後ろからこっそりついて行こうっと。





「ふん、こんな大きな飛行船だって、私の相手ではないわね。」

 ……アレ?おかしいな、愛日梨ちゃんの性格が変わってる。でも、着てる制服は変わってない。

 あ、愛日梨ちゃんの足首に砂原くんのツタが巻きついた。

「!?ちょっ、ちょっと、やめなさいよ!!火あぶりにするわよ!」

「何だぁ?この女、船に乗る前から制服着てるぞ。」
「そうだね。うーん、これはどういうことかな。」

「も、もう!やめなさいったら!」

 愛日梨ちゃんが炎を出してツタを消す。

「これは……。」
「確実に能力者、だよねー…。ねぇ君、ついてきてよ。みんなに君のこと、紹介したいんだ。」
「ふん、最初からそう言えばいいのよ。」

 うわぁ、だいぶ性格悪くなってない?
  …早くデレてくれますように。




「えーっと、これで全員か?うん、揃ってるぞ。」
「揃ってないぞ。湊とロン、それに晴翔。あと海斗も途中で逃げたな。」
「ンな!?ったく協調性のカケラもないやつらだなぁ。」

 四人もいないのによく揃ってるとか間違えたな…笑

「いないやつは、あとで挨拶に行かせるよ。俺は砂原 隼。さっきはごめんね。」
「さっきのことは、もういいわよ…。あーゆうの、慣れてるし。」

 慣れてるんだ……。何かあったのかな?

「……隼、何かしたのかい?」
「うん。出会いがしらに襲ってしまったんだ。」
「それは…女性への対応とは思えないな。」

 さすが美澄くん…紳士だなぁ。

「本当に悪かったと思ってるよ。もし後でどこか痛いところがあったら言って。薬ならたくさんあるから。」
「分かったわ。」
「僕は美澄 紬だ。初っ端から迷惑をかけてしまってすまないね。」
「あなたがしたんじゃないんだし…。それにもう、気にしてないわよ。」

「私は入須 雪月です。この船には女の子は二人だけですが…」
「私は白井 菜々香。…私たち二人だけだからこそ、たくさん仲良くしたい。よろしく。」
「……よろしく。」

  か、可愛い!!
 ちょっと頰を染めた愛日梨ちゃん、マジ天使!

「あー俺は伏見 和樹。この船では年長者の部類に入るから、何かあったら言ってくれ。」
「オレ、乙哉 太一!よろしくな!…えっと、そういやお前の名前聞いてなかったな。」
「私は愛日梨よ。苗字は覚えてないわ。…しばらく人と接してなかったから、忘れたのよ。」

 性格以外は変わってないんだ。

「ところでさ、君、その制服どうしたの?」
「ああ、これは旅人さんからもらったのよ。この服は特注品で、私の炎で燃えることはないそうよ。だから着ていたの。」

 今、愛日梨ちゃんの着てる制服は、普通この船に乗ってからもらうものだ。
 つまり、船に乗ってもいないのに、制服を着てるのはおかしい、というわけで疑われていたのだ。

「旅人さん?それは一体誰なんだい?」
「その人のことは、あまり覚えていないの……。もう何年も会ってないし…。でも、悪いことをするような人じゃないのよ。」
「そっか。…この制服がどういう経路で彼女に行き渡ったのか分からないけど…僕には彼女が嘘をついているようには見えないな。だから、この話はここまでにしないかい?」
「だなー。ここでオレたちが話しても仕方ねーじゃん。警吏に行けるわけじゃないんだし。…もうこの船飛んでるんだぜ?」

 それは、まぁ…確かに。
それに、愛日梨ちゃんは悪くないしね!

「たしかに、空の上に警吏はいない。…どうしようもない。」
「じゃあ、ここで解散にしようか。」

「 攻略対象外だけど、好きなんです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く