攻略対象外だけど、好きなんです!

藤色

小話 「鳥が苦手な理由」 東 海斗 視点


 ツンデレヤンキーさんのお話です






 美澄 紬と、砂原 隼。


 (こいつらと話していて、悪い気分はしない。むしろ、楽しい。)


 この二人は余裕がある。
 言葉も動きもとても穏やかだ。
 生きることに必死じゃない。

 ……俺とは何もかもが違う。

 育ちがそうさせるのかは分からないが、一緒にいて、楽だ。

 流れの穏やかな川瀬はとても心地よかった。


 (それでもどこか、嘘のように思えるのは……肝心なことを話していないからだろうな。)


 砂原の能力は、初日に見せてもらった。
 美澄のほうは、どうやら知られたくないらしい。
 俺も……話していない。


 偽り。胡散臭さ。
 ……本当はそのどちらでもない。

 ただの疎外感だ。


 俺はこいつらとは違う。
 俺の能力は、人から奪ったものだ。


 (胸くそ悪ぃな。俺のことを知っているのが、あいつだけってのは。)


 白井 菜々香。
 …俺から、大切なものを奪ったヤツ……。
 本当は、あいつは悪くない、って分かってるんだけどな……。



「ねぇ、海斗。」
「……!何だ?」

 突然、美澄が話しかけてきた。

「あんなにヒヨコさんのことが嫌いなのに、鳥料理は出来るんだね。」
「……馬鹿言え。鳥を避けてたら料理なんか出来ねぇだろ。」
「なるほど。」
「……ただ、顔は強ばる。」
「……それって、卵割るときも?」
「卵……は、手が震える。……鳥が生まれたらどうしようって、思って……。」
「「…………」」

 美澄と、一緒にいた砂原が震えている。
 …どうかしたのか?

「くくく……」
「!」
「くく、あははは!」
「ふふ、笑ったら駄目だよ。人には誰しも苦手なものは……ふふ、はは!」
「てめぇも笑ってんじゃねぇか!おい、笑うな!!」
「あーお腹痛い。ねぇ、何でそんなに鳥が苦手なの?」
「言わねえよ!……絶対、笑うに決まってる。」
「ええ?これ以上におかしいことがあるの?聞きたいなぁ。」
「おかしくねぇ!お前らだって、俺と同じ目に遭ったら絶対鳥嫌いになるぞ!」
「そこまで言われると気になるね。」
「ああ。聞かなきゃ船には戻れない。」
「……っ。」

 (しまった…。
 まぁ、これくらい話してもいいか。)

「昔、ガキの頃……山の近くに、住んでて……クジャクに遭遇したんだ。」
「クジャク?……ってあの、綺麗な色の鳥?」
「けばけばしくて、目に悪い鳥だ。」
「クジャクって野生でいるの?聞いたことないな……。」
「もしかしたらどこからか逃げ出してきたのかもしれないね。」
「あの鳥、何を勘違いしたのか、……俺のことを………」
「何?餌だと勘違いされた?」
「それだったらまだいい。………」
「何?聞こえないよ。」

 (やっぱり、話したくねぇな…。こいつら絶対笑うし…)

「笑うなよ。」
「笑わないよ。友人のトラウマを笑うなんて、そんな酷いことはしない。」
「…………」

 (……そこまで、言うなら……)

「……雌だと思われたんだ。」
「…………ん?」
「だから、雌のクジャクだと勘違いされて、求愛されてたんだよ!」
「「…………」」

 二人はまた震えだした。

 (………??
 意味がわからないのか?
 それもそうだよな。普通、クジャクに求愛されるなんて、あり得ないしな。…よし、もう少し詳しく話すか。)

「あいつは四六時中俺から離れなくて、家に逃げ帰っても待ち伏せされるし、虫とか獲物をささげてくるし。あの日々を思い出すと、今でも寒気が……」
「「あははははは!」」
「!!だ、だから笑うなって言ってんだろ!!」








「あー疲れた。ねぇ、海斗。今日の夕飯は何?」 
「……鳥の唐揚げとサラダとスープ。……にするつもりだったけど止めた。」
「そうなの?俺唐揚げ大好きなのに。」
「今日鳥料理やると、お前らが邪魔しに来る気がする。」
「邪魔だなんて心外だなぁ。苦手なことにも打ち込む友人の姿を見守ろうと思っただけなのに。」
「海斗も僕たちのことが分かってきたみたいだね。」
「ああ。人の良さそうな顔して、底意地が悪いことは十分分かった。」


 美澄 紬と、砂原 隼。

(あいつらのこと……少しだけ、分かった気がするな…。)

 トラウマのこと、笑ったのはムカつくが……

 こういうのも、悪くねぇな。

「 攻略対象外だけど、好きなんです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く