攻略対象外だけど、好きなんです!

藤色

小話 美澄 紬視点

前回出てきた、二人の“願掛け”の話です。



君は、僕のことを全然わかってない。

僕にとって、君がどれほど大きな存在か。
何度も忘れようとした。
会わなければ、忘れられると思ってた。

嫌いにもなろうとした。
僕を苦しめる君を。
心の中で悪人のように罵ったこともある。 

(でも……駄目だったんだよ。
何度やっても。)

数年ぶりに会ったとき、別人のように性格が変わっていれば良かったのに。
それなら、あの頃の君はいないんだって思えたのに。

久しぶりに会った君は、子供のときから全然変わらなくて。

優しくて、いつも誰かのことを気にかける少女。
彼女が笑うと、とても眩しくて…思わず目を細めてしまう。






子供のころ……あれは、そう。僕が未来予知の力に目覚めたときだ。

 最初に見た未来予知は……

『僕が、好きな子を守って死ぬ』こと。

未来の僕にはとても大事な人がいた。
あの熱情は今でも心に焼きついている。
何にも代えがたいと思うほど、その人を愛していた。
愛という言葉さえ知らない年だったけれど、自分が幸せだったことだけは分かった。
自分以上に大切だと思える人に出会えることは奇跡に近い。

そんな奇跡を守り、心から愛した人をかばって未来の僕は死んだ。


その事実を知ったとき、
彼女はーーー雪月は、酷く泣いた。
太陽を砕いたような、悲しい夕空の下で小さな身体を震わせる姿は、
十年近くたった今も、時折ちらついた。


以来僕らの間には、溝が存在している。
近づけば奈落に堕ちる、深い深い溝だ。
堕ちたらもう、戻ることができない。 

《安心してよ、ぼく、本当に誰も好きにならないから。》

誰のことも好きにならなければ、死なずに済む。
僕の能力は不完全だったけど、それだけははっきりと分かった。
だから僕は何度も同じ言葉を繰り返した。
誰も好きにならない。誰のことも、愛さない。
あの時感じた熱情は、幻のものにする。



(でも、やっぱり無理みたい。

久しぶりに会った君は、変わっていなくて。
僕のために、“願掛け”なんてしてくれる、優しい女の子。
無邪気に笑う姿は、とても眩しい。

僕じゃ、君のことを幸せに出来ないけど……でも、それでもいい。それでもいから。

 君が誰かを選ぶまで、君の側で見守らせて欲しい。)





 たとえ僕が、死んでしまうのだとしても。

「 攻略対象外だけど、好きなんです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く