攻略対象外だけど、好きなんです!

藤色

5 「十八歳の誕生日」

 今日も私は、料理人と料理を練習した。
 だけど……練習後にとんでもない発言をしたのだ!

「そういえば、雪月様のお誕生日、明日ですね。プレゼントは何が欲しいですか?」

 そうですね〜、砂原くんが欲しいです。って、ん??
 今、もしかして、誕生日って言った??

 「あ、明日なんですか?」
「そうですよ、明日です。もしかして、雪月様、忘れておられましたか?」

 忘れた以前に知らなかったんだけど!!……って言ったらダメだよね…
 
「はい……。すっかり忘れていました。料理人さんは、よく覚えておられましたね。」
「雪月様の誕生日には公家の美澄様も来られますからね。私も腕によりをかけて料理を作りますよ。あ、雪月様も一品出してはいかがでしょうか?最近は上達してきましたし……。」

 ま、マジか。美澄 紬が来るのか…。私も頑張って深窓の令嬢を演じないとだな…。
 それに、料理も一品作らないと……って、え!?

「私も一品出すのですか?」
「ええ、最近ではそこらへんのコック並に上達してきましたし、問題ないと思うのですが……もしかして、お嫌、でしたか?」
「い、いえいえ、全く問題ありませんわ。むしろ喜んで、私も一品出します。」

 これは私の料理が本当に通用するのか、確かめるチャンスだし、この機会を逃すわけにはいかない。
 ちょっと、緊張してきたな。

「ちなみに、何を作るのですか?」
「お寿司です。雪月様にはお寿司に合うデザートを作っていただきたいと思うのですが……。」

 お寿司に合うデザートか……。
うーん……、そーだ!ゼリーにしよう!

「ゼリーはどうでしょうか?美味しいと思います。でも、少し地味かもしれません……」
「そんなことないですよ。シャーベットの層と段違いにすれば、豪華に見えますから。」

 そ、その手があったか……!

「なるほど……!シャーベットの層と段違いにすればいいのですね!」
「はい。じゃあ、雪月様には明日、シャーベットゼリーを準備していただきたいと思います。」
「頑張ります!」 
「ではまた明日。一緒に頑張りましょうね!」
「はい、また明日。楽しみにしておきますね。」

 なんだか緊張してきたーー!
だけど、美味しいって言ってもらえるように頑張らなくっちゃ!








翌日。
「おはようございます。お父様、お母様。」
「おはよう、雪月。聞いたぞ、今日のお前の誕生会、雪月がデザートを作るんだって?」
「は、はい…。作りますが…」

 怒られちゃうのかな…?せっかくのチャンスだったのに…

「頑張りなさいよ、応援してますからね。」
「あ、ありがとうございますお母様!頑張ります。」
「私も、応援しているよ。」
「お父様も!本当にありがとうございます。」

 お父様とお母様にも応援してもらえるなんて嬉しいな…!
二人のためにも、頑張るぞ!えいえいお〜!








私は料理人さんと無事に料理を作り終えた。
 あとは、美澄 紬が来るのを待つだけだ。

「本当に大丈夫ですかね……。」

 今さらだが、不安になってきてしまった。
 自分の料理が舌の肥えた公家に通用するのか、わからないからだ。

「雪月様なら、大丈夫ですよ。シャーベットゼリーも、あんなに上手にできましたしね〜」

…料理人さんがそこまで言うのなら……。

「そう、ですかね?」
「絶対、大丈夫です!私が保証します!」

 そう言って、料理人さんは満面の笑みを浮かべる。
  料理人さんが保証してくれるなら、信じても、いいかもしれない。








 そしてついに、私の誕生日会が始まった。
 席には美澄 紬もいる。
 私は少しでも緊張を和らげるため、深呼吸をしてから挨拶をした。

「皆様、本日はお忙しい中私のために集まってくださり、ありがとうございます。ささやかですが、お食事を準備いたしました。どうぞお召し上がりくださいませ。」

 私がそういうと、侍女達が料理を配る。
 お父様は全員に運ばれたのを確認して、口を開く。

「我が娘、雪月の誕生日を祝って、乾杯!」
「「「「「「乾杯!」」」」」」











 誕生日会も終盤に入り、お父様達が酔ってきた頃、美澄 紬が話しかけてきた。

「デザートのシャーベットゼリー、とても美味しかったよ。あれ、君が作ったんだろう?」
「…………」

 こんなに早くバレるとは。
 ………そういえば、美澄 紬は雪月に関してだいぶすごかったような…。いろんな意味で。
少し黙っていると、

「あれ?違った……?……『(小声)おかしいな、未来予知では雪月が作っていたのに。』」
「いいえ、合っています、紬様。私が作りました。」

 そういえば、紬の能力は未来予知だった。……だからゲーム内でもよく、雪月が作ったものに関して詳しかったのか。

「それにしても、すごいですね。私、シャーベットゼリーを私が作った、なんて一言も言ってなかったのに。」
「僕には未来予知があるからね。……あと、なんとなく、そんな感じがしたんだ。」
「そう、なのですか。」

 ん??てことはやっぱり、ちょっとヤバイ人なのかな??
 まあ、私に悪いことはしないし、まあいいか。

 会話がひと段落落ち着いたことで、少し耳をすますと、遠くからお父様達の声が聞こえた。

「美澄様、もう遅い時間だし、家に泊まっていってはどうかな?」
「そんな、迷惑ですよ。」
「大丈夫、大丈夫。迷惑ではないですよ。むしろ大歓迎です。」
「………それなら、お言葉に甘えて。」


 え!?美澄様が家に泊まるの!?
 ちょっと、お父様!?

「どうやら、僕たちは泊まることになったみたいだね。……よろしくね、雪月。」
「そ、そうですね…紬様…。」

 う、嘘ーー!?
 明日も紬くんと一緒!?


「 攻略対象外だけど、好きなんです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く