攻略対象外だけど、好きなんです!

藤色

4 「巫女としての仕事」

 料理を毎日練習していると、だんだんと美味しくなっているのがわかって、嬉しくなる。
 この調子でいけば、砂原くんの好きな「料理上手で可愛い女の子」になるのも夢ではない。そう考えると、顔がにやけてきてしまう。

 「うふふふふふ。」

 早く砂原くんに会いたいな。砂原くんに褒められたいな。砂原くんとイチャイチャしたいな。
……なんか、忘れているような気がするけど……。気のせい、だよね。


 誰かが部屋の扉を叩く音がする。侍女かな?

「雪月様、本日は朝食後に、神の巫女としての仕事があります。」
「……………」

 神の巫女??………あ、なんかそういうの、あった気がする。
 雪月は、領同士の小さな戦争があったとき、少しでも多くの市民を守ろうと結界の能力を使っていたんだよね。
 面倒だけど、砂原くんは「聖母のような女性」も好きだって言ってたし、頑張りますか!

「また、戦争ですか。」
「はい…。でも、雪月様のおかげで、助かっていると、領民も言っています。」
「命がより多く助かるのに、越したことはないものですしね。……分かりました。」
「それでは、また、朝食後に伺いますね。」






 そして、朝食後。「私はこの時代に車なんてあったんだ…」と考えつつ、車に乗り、戦争に行った。

「おーいみんな、神の巫女様が来たぞー!!」
「本当か!?」
「ありがたや、ありがたや……」

 私を見た領民が、口々に言う。
 中には、ありがたがる人もいて、頑張らなければ、思わず気合いを入れてしまう。

  そういえば、初めて能力を使う。…少し緊張したけど、不思議と能力の使い方はすぐに分かった。

 結界に剣が当たる。しかし、びくともしない。
 ……結界と言う能力は、本当にすごい。敵がこれ以上近づけないようになっている。
 私の結界がどうして崇められているのがよく分かる。こんなにすごい能力だったなんて。


 しばらくして戦争は終わった。結果は聞かなくても分かるだろう。私達の圧勝だ。
 
 「巫女様、本当に助かりました。おかげで、犠牲者も少なくなって…」
「私などがお役に立てて、良かったです。……でも、戦争は嫌いです。平和な世に、早くなって欲しいものです。」

 いくら私の結界があるからといって、犠牲者が出ないわけではない。たとえゲームの世界だったとしても、私は平和を望む。

「巫女様……。そう、ですよね。………私ども一同、平和な世になるよう、より一層精進いたします!」
「ええ。頑張ってくださいね。」

 私はお礼に笑顔をみせる。
…これで、大抵の男はイチコロ、なんちゃって。

「「「が、頑張ります!!」」」

 あ、落ちちゃったかも…。みんなの顔が赤いし…。なんかごめん。
でも、これは平和な世になるための犠牲なんだ…っ!なんてね。

「雪月様、帰りの支度が整いました。」
「そうですか、ありがとうございます。それではみなさん、ごきげんよう。」

 車に乗ると、たくさんの領民が見送ってくれた。……主に男だが…。
 でも、私は可愛いって言う証拠だし…、仕方ない、よね?







 屋敷に帰り、いつもより遅くなってしまったが、料理人と料理を練習する。

「雪月様はえらいですね。毎日欠かさないなんて。」
「ふふ、一日でも早く上手くなりたくて。」
「もしかして、雪月様、好きな殿方がいらっしゃるのですか?」
「…………」

 ギクッ。

「あ、もしかして、図星ですか?……雪月様の恋、影ながら応援させていただきますね。」
「あ、ありがとう、ござい、ます。」

 ば、バレてしまった……。

「で、でも、秘密にしてくださいね?」
「もちろんです。絶対に、口外しませんよ。」

 かくして、料理人と私には、秘密ができたのだった。


「 攻略対象外だけど、好きなんです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く