胸ばっか見るんじゃない!

S.W

神と僕と貧乳ツンデレ美少女

ひろは、教室に飛び込んだ。
ホームルームに、間に合ったようである。

???「おはよう!島田しまだ。」

僕の隣に座っている、吉井美波よしいみなみさんだ。
勝気かちきで、いつもポニーテールをしていて、すらっとした細身であしがキレイだ。胸は小さいけど。

ひろ「おはよう!吉井よしいさん。」
美波みなみ「ギリギリやったな!」
紘「うん、まぁ色々あってね。。。」
美波「ふーん。」

ホームルームが終わり、後ろから声が聞こえてきた。

???「ひろ、新しい本を手に入れたぞ!」

こいつは、友人ゆうじんであり同士どうし霧島雄二きりしまゆうじだ。

紘「おはよう!今度も期待出来そう?」
雄二「バッチリだ!今回も大きいのがそろってる!」

じっ〜〜!

吉井よしいさんが、こちらをにらんでいる。
紘(読むのは、後にしよう。)

???「全く、けしからん」

どこから声が聞こえてきた。

吉井よしいさんでも、雄二ゆうじでもない。
さっき、聞いたような声だ。

かみ「こちらだ。」

するとかみが、紘の前に現れた。
紘「ちょっと、こんな教室ところまできて。大騒おおさわぎになっちゃうよ。」

紘は、あわてて、そう言った。

神「安心しろ。かみ姿すがたが見えるのは、貴様きさまだけだ。声も貴様きさまにしか聞こえない。」
紘「ならいいけど、さっきの話なら、もういいよ!」

神「まぁ、そう言うな。少しはかみの話を聞け。ん?」

神は、美波を見て、おどろいた様子で。

神「素晴すばらしい!彼女かのじょこそ、かみもとめていた、貧乳ひんにゅう美少女だ!」

紘「貧乳ひんにゅうかよ!」

紘は、思わず大声でツッコミを入れてしまった。

美波「島田しまだ〜」

美波は、ひどくご立腹りっぷくのようだ。
紘は、気がつくと関節をきめられていて、声が出ない状態だった。

美波「ウチに対して、何か言いたいことがあるのかな〜?」

紘は声が出ないため、タップしようとしたが、もう遅く、意識がなくなった。。。


ふと気付きづくと、どうやら1限目が終わり、休み時間になったようだ。
なぜか机にせている状態になっていた。
すると、後ろから声が聞こえた。

???「大丈夫ですか、島田しまだ君?」

振り返ると、心配そうに見つめる女の子がいた。
彼女は、原田はらだみずきさん。
クラス1いや、学年1可愛い女の子だ。
そして何より、むねがデカイ!

紘「大丈夫だよ!原田はらださん。」
原田はらだ「そう?1限目中ずっとせていたから、大丈夫かな〜って。」
紘(せるまでの一連いちれんは、見てなかったのか。良かったぁ。)
紘「大丈夫だよ、ありがとう!」

原田はらださんは、安心したようで自分の席に戻っていった。

神「あんなの巨乳もののどこが良い?」

神の声が聞こえてきた。

紘「また、あんたか。原田さんのことを言ってるの?」
神「左様さよう。あのような巨乳ものの何が良いのか、かみにはわからん。」
紘「えっ、神様かみさまのくせに、巨乳きょにゅうの良さがわからないの?」

紘は、信じられないといった顔つきで神を見た。

紘「巨乳きょにゅうはね、こう・・・」

紘は、巨乳きょにゅうについて、あつかたりだした。

神「ググって検索したようなそのような戯言たわごとかみつうじると思ったか!」

神の発言と態度に、さっきまでの熱意ねついが冷めてきた。

紘「じゃあ、おんな魅力みりょくってヤツは、巨乳きょにゅうじゃあないってこと?」
神「左様さよう貴様きさまには、おんな魅力みりょくというものをおしえてやろう。」

紘「分かったよ!そこまで言うなら教えてよ、おんな魅力みりょくってヤツを!」
神「良かろう、心して学ぶがよい。そしてかみあがめよ」

紘(もうどうでもいや。。。)

紘は、あきらめた様子でいると、休み時間が終わり2限目が始まった。。。

授業が終わり、放課後。
美波が紘に話しかけてきた。

美波「島田しまだ、あんた今日へんやで!1人でブツブツしゃべってて。ウチのこと、ひん・って、もうなんやねん!」

紘は、慌てて

紘「何でもないよ!僕は大丈夫だよ。」
原田「本当ですか?今日の島田しまだ君、変ですよ。」
と、原田まで寄ってきた。

紘「だっ、大丈夫だよ。確かに吉井よしいさんは貧乳ひんにゅうだけ・・手足が千切ちぎれ・・・あぁ〜〜!!!」

美波の反応は早く、関節技かんせつわざはきまっていた。
紘の意識がまた、とおのいていく。。。


神「かみ降臨こうりんだ!」

神は、紘の身体からだを使い、話し始めた。

美波「島田しまだわるいねんで!」
神「先ほどは失礼した、女神めがみよ!」
美波「はぁっ??」
神「そなたは美しい!わがきさきとなれ、女神めがみよ!」
美波「はっ?ちょっと、島田しまだ何言ってんの!」

美波は顔を赤らめ、戸惑とまどいながら話す。

神「求婚だ!」

神は、じらいなどは一切なく、美波を見つめている。

原田「ちょ、ちょっと、島田しまだ君!求婚なんて、ど、どうしちゃったの??」

原田は、顔を赤らめあわてて、島田しまだに手をのべると。

神「さわるな!無礼者ぶれいもの!」

神は、原田を払いのけようとする。

神「貴様きさまなど、さっさとクーパー靭帯じんたいが切れてしまえ!」

原田は、何を言われたのか分からなかった。
ただ、なにか拒絶きょぜつされたようで、ショックで目に涙がうかべていた。

美波「ちょっと、島田何言ってんねん!大丈夫?原田さん?」

美波は、クーパー靭帯が何か知ってるようで、原田はらだを気づかったようだ。

神「さぁ、女神めがみよ!婚姻の儀こんいんのぎり行なおう!」

美波「さっきから何言ってねん、島田おまえ誰や!島田しまだやないやろ!?」

神「さすが女神めがみかみだと見破みやぶるとは!」

美波「はっ?かみ?頭おかしいんか?神様かみさまが島田(しまだ)に憑依のりうつってるとでもいうんか?」

神「左様さよう!」

美波「・・・。本気ほんきなや・・・」

神「女神めがみは、こやつ好意こういがあるのであろう!」

美波「なっ・何言ってんねん!!そんなこと。。。」

今の様子を周りから見れば一目瞭然いちもくりょうぜんといえるほど、バレバレな態度だった。

神「女神めがみよ、こやつ女神そなた好意こういがあると分かると思うか?」

美波「無理やろな。。。」

美波は、紘がそういうものに、うといのに、薄々うすうす気づいていた。

神「女神めがみよ、こやつ女神そなたよりも、はらだ興味きょうみがあることは知っておるか?」

美波「そうやろな。。。(島田は、胸の大きな女の子が好きやし。。。)」

美波がそう言って、うつむいたのを原田が見ていた。

原田「えっ、島田しまだ君が私のこと。。。」

原田は、頰を赤らめ、まんざらでもないようである。
これもまた、周りからすればバレバレであった。

神「女神めがみよ、われと手を組まぬか?」

美波「ん??なんやの??」

神「これからわれが、こやつに、女神そなた貧乳みりょくが分かるまで、ずっと教育きょういくしよう。女神そなたこやつが結ばれるのを補佐ほさする。」

美波「えっ、あんた島田こいつと話ししたん?」

神「左様さよう。今は意識がないが、意識がある時はこやつと話しをすることができる。われこえは、誰にも届かぬがな。」

原田「だから、今日の島田しまだ君、ひとごとが多かったんですね!!」

原田は、先ほどのかみの発言で、すっかり機嫌が良くなったようだ。

神「貴様きさまには、関係かんけいない!さっさとれ!」

原田「わたしのことは、お気になさらず。うふふっ!」

原田は、かみ発言はつげん島田しまだ真意しんいとはことなると理解したようだ。

続く。。。

「胸ばっか見るんじゃない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く