胸ばっか見るんじゃない!

S.W

エピローグ 神と僕

ここは、ごく普通の高校。
僕は、島田紘しまだひろ
17歳、ごく普通の健全な男子高校生です。
なにが好きかというと、「巨乳」です。
健全でしょ!(笑)
さて、今日はどんな巨乳の子と出会えるかな!

ひろが、登校しようと通用門を通ると、まぶしい光に包み込まれた。

紘「うわっ、なんだ!」

ようやく光が落ち着いて、前を見ると自分と同じ姿をした人が宙に浮いていた。

紘「えっ、何!僕??」
???「島田紘しまだひろよ、私はかみだ!」
紘「・・・かがみ?、なんだー、誰だよこんな所に鏡を置いたのはー」
???「鏡ではない、貴様きさまと同じ姿をしているが、私は、かみだ!」
紘「・・・ネタ?」
かみ「ネタではない。貴様きさまは、中二病えらばらしものだ。貴様きさまつたえねばならないことがある。」
紘「えっ、僕が選ばれし者えらばらしもの?」

紘は驚きながらも、目はキラキラと喜んでいるようだ。

神「左様さよう貴様きさまは、中二病えらばらしもの貴様きさまには、ショックを与えないよう、貴様きさまに馴染みのある貴様きさま姿すがたをしている。」

紘「そうなんだ!僕が選ばれし者えらばらしものかぁ、参ったな! 」

紘は、やはり喜んでいるようだ。

神(やはり中二病ちゅうにびょうのようだ)

紘「それで、僕はどうしたらいいの?異世界に行って魔王を倒すの? それとも異能力いのうりょく覚醒かくせいして、世界を救うの?」

神「いや。貴様きさまは、おんな魅力みりょくというものがまったわかっておらぬ。」
紘「はあっ?」
神「だから、貴様きさまは、おんな魅力みりょくというものがまったわかっておらぬから、それを知ってもらう。」

学校の予鈴よれいった。

紘「もう!よくわからないから結構けっこうです!」

紘は、急いで教室に向かって行った。

神は、1人取り残された。

続く。。。

「胸ばっか見るんじゃない!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く