デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか

Beater

41.5 誰かのココロ・アタマでは

あの時が、蘇る。
足、ではなく、心が竦む。
フラフラ。
ユラユラ。
びくびく。
どくどく。
動悸が、どんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどんどん速くなる。
心臓が何度も胸中で暴れる。
首を摩擦で熱くなるくらい強く擦っても、手が止まらない。
ああ、ああ、あ"あ"ーーーー

叫び出して、心の臓を取り出したい



幾つか力が近づいてくる。
一つ、二つ、三つ、四つ。
めぼしいものはそれだけだな。
古い気配のものが二つ。
真新しい、面白そうなものが二つ。
条件をクリアすれば殺ることはない。
さあ、儂の森へヨウコソ。

「デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く