デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか

Beater

36 報連相

ゴルテ。
名前を呼ぶと微かに耳を動かした。
俺が布団に入る時、彼は必ず同時に床で丸くなって、寝たふりをする・・・・・・・
たまたま寝付けなかった夜、ゴルテがむくりと起き上がって扉の外へ行くのを目撃したのだ。
しかし、それについて翌日問い詰めるようなことはしなかった。
きっと、ゴルテはそういうのが嫌いだろうから。
彼が自由に行動するのを制しても何もいいことがない。
人ーー狼の機嫌を悪くして利益など得られる筈もない。
今日もベッドの上に身を投げてから目を閉じて丸まるふわふわに声をかけた。
だが、いつものようにおやすみの挨拶をするためだけではなく、聞きたいことがある。
「この街から、ちょっと行ったところ。“錯乱の森”って、あるよね。そこについて説明」
「……早く寝たらどうだ」
「遠足で行くんだって。今日、連絡あった」
だから、詳しい情報を。
そう促すものの、低く唸るのみで快い返答はもらえそうにない。
「ゴルテ、説明が面倒なら、いいよ。ぶっつけ本番。いいことだよ」
「いや、言いたくないわけではないというか……」
珍しく歯切れの悪い。
やっぱり言いたくないのなら別に責めたりしないのに。
「……一つ、短い物語を聞かせてやろう」

「デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く