デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか

Beater

35 一緒に行きましょう

「ところで。一般的な、遠足と呼ばれるものとはかけ離れているだろう、今回の遠足。現地では何するの、かな?」
俺の疑問にアニセラとシータも首を傾げた。
なんと、今までこのようなことは実施されなかったらしい。
今回初めての試み。
なんていうか、不安要素しかないな。
朝の連絡から皆浮き足立っている。
今は昼食を食べる時間だが、誰もが遠足の話題でもちきりだ。
俺たちも、例外ではない。
「やあ、フーク。君も楽しみだよね?」
穏やかな笑みを浮かべるナイケはまた何か悪巧みをしていそうだ。
あの悪魔ごっこの前まではおとなしい少年、というイメージだったのがあの出来事を経て、180°反転した。
見るからに道化ピエロだ。
少し、校長に似ている。
よく分からない、楽しくないことを考えている、という点で。
「楽しみ……ではあるかな。なんたって、街以外のとこ、初めて行くから」
与えられた休日には欠かさず街へ足を運んだ。
シータおすすめの小物屋を冷やかしに行ったり、ツツラが常連である惣菜屋で買い食いしたり……アニセラお気に入りの本屋を訪れたり。
ツツラについてきたナイケの皮肉を受け流すのは大変だった。
ひどく弁の立つ彼の言うことは嘘もほんとも入り混じっていて、たまに真に受けそうになる。
「散策、とかするのかな? でも、魔物いっぱいなんでしょ?」
「わたし、フークと班組む」
「おれとナイケも一緒な」
「やったね。フークと一緒だなんて、すごく光栄だよ」
魔物の多い森に行くというのに弾んだ声。
ともだち、と行動するのは何をするにも楽しいのだろう。
……あとでゴルテに、森について詳しく聞いてみよう。

「デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く