デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか

Beater

33.5 うたた寝


こくりこくりと船を漕ぐ。
霧の中を覚束ない足取りで歩く自分がいる。
それを追っていく自分は宙を浮かび、たゆたう。
非現実な空間の中ならではの高揚感があった。
この霧を抜けたら何を見つけられるのか、という冒険に出るかの如く家出した小さな子供のような。
勇者に憧れて木の棒でチャンバラするような。
はたまた始めての友達作りに挑戦するような。
なかなか薄くならない霧を手で除けつつ自分を見失わないよう目を凝らす。
どこまでも続く砂漠を観ている気分だ。
もしくは延々と続く海の底。

何分か、何時間か、何秒か。
数瞬、数年にも感じた時は終わりを告げた。
霧の隙間から光が漏れ出て来た。
安心したのか今までの歩みが嘘のやうに弾み、駆ける。

そこで見たのは


〜*〜*〜*〜*〜
この後の展開がなかなか思いつかないんですが、続き、読みたいですか……?
続きを望んでくれる方々がいらっしゃいましたら精一杯がんばり、この先を生み出します。
しかしここでひとまず完結、という形をとって気が向いたら続きをロースピードで更新…なんてのもありかな、と。
取り敢えず第一部は終了。
コメントをくださると嬉しいです。
いいね、やフォロー数の様子見て再開します。
豆腐メンタルですいませんm(_ _)m

「デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

  • Beater

    ありがとうございます!
    投稿してすぐにコメントをいただけるとは思いませんでした。
    少し更新が遅くなることもあるかと思いますが、これからもお付き合いください(*^^*)

    0
  • 絹ごし豆腐

    充分面白いですよ!無理せず頑張ってください!

    2
コメントを書く