デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか

Beater

28 色々上手くいかない

気持ちばかりが逸り、半歩右足を出す。
けれど、ナイケは笑顔を崩すことなく微動だにしない。
なら……。
何の訓練もしていない、経験もない自分に出来ることは大きく大袈裟に動いて注意を引き付けること。
少し話しただけで感じる違和感を払いのけようと肩を掴むため手を伸ばす。
だが、そんなことは見通されていて、無駄のない動きで避けられた。
次こそ、と捕らえる目的ではなく左胸を狙って繰り出した左拳もサッと受け流され。
触れることすらままならないまま時間だけでなく体力も浪費される。
息切れしてきた自分の体が恨めしい。
こんなんでは、まだツツラとの追いかけっこをしているだろうシータに申し訳が立たない。
打開策が、何かあれば。
咄嗟に距離を取って周りを見回す。
「手応えなさすぎるよ、君。あんなの連れてるし面白いのかと思ったけど、大したことないね」
「あんなのって、ゴルテのこと、か? どうして彼を連れてるからといって、面白いなんて」
パチクリと。
彼は瞬きした。
1、2、3回。
それからたっぷり溜めをつくって恐る恐るといった体で口を開いた。
「君、あれが何か、知らないの?」
何のことだかわからない。
困惑していて返事が遅れると彼はけたたましく笑い始めた。
「うそ! あれが何か知らないで、知ろうとしないで一緒にいるのかい!? いやこれは傑作だ! ……まあいい。これから存分に楽しめそうだ。取り敢えず」

「飽きたからこっちから行くよ」

〜*〜*〜*〜*〜
動いてる時のシーンって書けませんね…。
自分の文を見返すと分かりにくいことこのうえない。
気になったところがあったらどんどん言ってください。
今回も伏線も撒き散らすだけ撒き散らした一話でした。
ではまた次回。

「デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く