デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか

Beater

26 作戦の本命に対するは

「しーつーこーいー!」
「シータが諦めないからだろー!」
言い合う声が飛び交う、が。
どちらの声も途切れがちだ。
ツツラを引きつける作戦を実行中のシータは、いくら足の速さに自信があるとは言っても性別は女。
同じような生活をしていて体力に差が出ないはずもなく。
「もー来ないでー!」
「いーやーだー!」
ツツラはずっと張り付いてくる。
予定通りのこととはいえ、これは上手くいきすぎではなかろうか。
フークたち、大丈夫かな……。
振り向けば二人の間が縮まってしまう現状、足を懸命に動かし前を見据えながら健闘を祈った。


ふむ。
ひょっとすると僕は狙われていたりするのかな。
首の後ろがチリチリする感覚。
殺意とはかけ離れた、けれど敵意に似たもの。
ジッと目を向けられているのがよく分かる。
バレバレだよ、もっと気が漏れないように注意するべきだね。

こんなんじゃ、僕は殺れないよ

〜*〜*〜*〜*〜
英検のオベンキョウのためにお休み、と言いました。
ええ、言いましたとも。
解答用紙が配られる直前までコードギアスのスザクくんを模写ってました!
うん、受かってるといいな。
なにはともあれ、終わったので投稿再開です(*^^*)
60にまで神様の数が膨れ上がっているようで感謝の言葉すら出てきません←
これからもどうぞよろしく!

「デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く